サンテティエンヌが先週金曜日に行われたアンジェとの試合で、サポーターがピッチに発煙筒を投げ込んだことを受け、フランスサッカー協会は火曜日、次のリーグ1のホームマッチを非公開で行うことを命じた。

スタッド・ジェフリー・ギシャールで行われたこの試合は、スチュワードがフィールド上の破片を拾い、試合関係者が煙が消えるのを待っていたため、1時間遅れでキックオフされました。結局、試合は2-2で終了しました。

フランスの2部リーグを運営するリーグ・ドゥ・フットボール・プロフェッションネルは、サンテティエンヌのボスに対し、今週土曜日のメッス戦へのファンの移動を禁止し、11月7日に行われるリーグ1のクレルモン戦では自軍のスタジアムを閉鎖することを伝えた。LFPは、来月にも同クラブにさらなる処分を科す可能性があるとしている。

フランスのサッカー界は、スタジアムやその周辺のセキュリティや、いわゆるファンの傍若無人ぶりについて、深刻な問題を抱えている。

閉鎖

フランス政府と保健当局がコロナウイルスのパンデミックの拡大を食い止めるために、2020/21年のシーズン中、国内のアリーナは閉鎖されました。

新シーズンが始まってからは、サポーターがグラウンドに戻れるようになりました。しかし、その一方で、悪質な行為が目立つようになった。

レンズとニースでは、試合中に起こったトラブルにより、スタジアムへの入場禁止措置がとられた。

レンズは、9月24日に行われたリールとのダービーでの騒動を受けて、空席のスタッド・ボレール・デルリスでストラスブールとランスとの試合を行いました。

ニースでは、8月のマルセイユ戦でピッチに侵入者が出たため、LFPはボルドー戦とモナコ戦をファンなしで行うよう指示しました。また、LFPは、試合が中止になった際の不愉快な光景に対して、ニースに減点を与えました。

お行儀の悪さ

日曜夜に行われたリーグ1の首位を走るパリ・サンジェルマンとの試合の直前に、ファンがヴェロドロームのコンコースで照明弾と発煙筒を焚いたため、マルセイユがトラブルに見舞われ、水曜夜にアリアンツ・アリーナで再試合が行われる。

この試合では、コーナーキックを蹴ろうとしたPSGの選手たちに物が投げつけられました。また、試合終了間際には、ファンがピッチに入り、リオネル・メッシを中心とした攻撃を阻止する場面もありました。

マルセイユは、9月に行われたアンジェとの試合でファンが再び悪さをした場合、勝ち点1を減らされると警告されていました。

 

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/en/sports/20211026-french-football-watchdogs-slap-one-match-stadium-ban-on-saint-etienne