海藻は邪魔者か

日本や韓国では海藻はミネラルたっぷりの栄養食で、わかめ、のり、ひじきなどなど海の恵みをいただく大切な食物だ。韓国では妊娠すると、わかめたっぷりのスープを飲む習慣があるそうで、良質な栄養がとれるとされる。

お国変われば、海藻事情も変わるもので、フランスなど海藻を口にしない国々にとっては、単なる邪魔者に変身したりする。

フランスでは、海岸に大量発生し堆積した緑藻が大問題となっている。緑藻が分解時に発生する有害ガスを吸った馬が死亡したとされ、有害ガスの分析が行われた。

緑藻の分解で排出されるガスの主要成分は吸い込むことで有害となる硫化水素だ。局地的だが、数分間の曝露で、死亡するリスクがあることを示す数値が計測されている。

すっかり邪魔者の緑藻だが、大量発生しているので、有効活用できないかという研究も同時に行われている。まずは培養土としての利用が実現しそうだ。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る