海藻は邪魔者か

日本や韓国では海藻はミネラルたっぷりの栄養食で、わかめ、のり、ひじきなどなど海の恵みをいただく大切な食物だ。韓国では妊娠すると、わかめたっぷりのスープを飲む習慣があるそうで、良質な栄養がとれるとされる。

お国変われば、海藻事情も変わるもので、フランスなど海藻を口にしない国々にとっては、単なる邪魔者に変身したりする。

フランスでは、海岸に大量発生し堆積した緑藻が大問題となっている。緑藻が分解時に発生する有害ガスを吸った馬が死亡したとされ、有害ガスの分析が行われた。

緑藻の分解で排出されるガスの主要成分は吸い込むことで有害となる硫化水素だ。局地的だが、数分間の曝露で、死亡するリスクがあることを示す数値が計測されている。

すっかり邪魔者の緑藻だが、大量発生しているので、有効活用できないかという研究も同時に行われている。まずは培養土としての利用が実現しそうだ。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  2. ミカエル・アース監督インタビュー

    フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  3. 産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  4. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  5. 便利なパリ、グランパリ計画

    フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial