海藻は邪魔者か

日本や韓国では海藻はミネラルたっぷりの栄養食で、わかめ、のり、ひじきなどなど海の恵みをいただく大切な食物だ。韓国では妊娠すると、わかめたっぷりのスープを飲む習慣があるそうで、良質な栄養がとれるとされる。

お国変われば、海藻事情も変わるもので、フランスなど海藻を口にしない国々にとっては、単なる邪魔者に変身したりする。

フランスでは、海岸に大量発生し堆積した緑藻が大問題となっている。緑藻が分解時に発生する有害ガスを吸った馬が死亡したとされ、有害ガスの分析が行われた。

緑藻の分解で排出されるガスの主要成分は吸い込むことで有害となる硫化水素だ。局地的だが、数分間の曝露で、死亡するリスクがあることを示す数値が計測されている。

すっかり邪魔者の緑藻だが、大量発生しているので、有効活用できないかという研究も同時に行われている。まずは培養土としての利用が実現しそうだ。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  2. ボルドーの持続可能なワイン造り

    ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  3. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  4. 広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  5. フランスも女子アナ時代

    数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial