Covid-19に対するメッセンジャーRNAワクチンを販売する米国ファイザー社のロゴ。DOMINICK REUTER AFP/File

ファイザー:欧州医薬品庁が18歳以上の3回目の投与を検証

新型コロナワクチンの3回目の接種は、すでに欧州医薬品庁(EMA)で65歳以上の方を対象に承認されています。2021年10月4日(月)に、18歳以上の方を対象に承認されたことが明らかになりました。

月曜日の発表によると、18歳以上の人を対象としたファイザー社のこの3回目のワクチンは、2回目の注射から6ヶ月後に接種しなければならない。

この決定は、EMAのCommittee for Medicinal Products for Human Use(医薬品委員会)による評価を経て行われました。

そして得られた結果は、確かにファイザー社のワクチンを3回目に接種した後、抗体の増加が見られました。

しかし、この追加投与が欧州の機関で承認されたとしても、18歳から55歳までの一般人に拡大するかどうかは、各国の判断に委ねられています。

フランス当局はこの年齢層についてまだ決定していませんが、65歳以上の人は9月1日からコビッド-19ワクチンの3回目の接種を受けることができるようになりました。

シェアしよう!