枯れた木の幹についたキクイムシのギャラリー。Wikimedia/ Father Igor

スイスのジュラ地方でキクイムシにやられたトウヒの木

それは森林警備隊員の悪夢、オオクワガタである。この虫の大きさは数ミリにも満たない。しかし、数年前からヨーロッパ中のトウヒの森を荒らし、私たちのクリスマスツリーの存続を脅かしています。最も深刻な被害を受けた地域のひとつがスイスのジュラ地方で、健全なトウヒの木は片手の指で数えられるほどです。

スイスのジュラ地方にあるレブヴェウリエの特派員、ジェレミー・ランシュ氏とともに

「干ばつは3年前から予想されていたが…来なかったのはキクイムシのせいだ…」Frédéric Pierrardは、Rebeveulierのコミューンでアクロブランシュ・パークを運営しています。というか、夏のシーズン真っ只中に急遽閉園することになったので、なんとかなりました。理由は、キクイムシに侵された百数十本の木が、設置場所に倒れそうになっていたからだ。パークの3分の2を解体しなければならなかった」という。創業18年目にして、初めての閉店です。

バークビートルは小さな甲虫で、トウヒの木の樹液を食べ、乾燥して枯れてしまいます。ジュラ州環境局のマルセル・マホン氏は、「大きなトウヒの木は完全に破壊され、おそらく80%は破壊されています。この3年間に起きたことは、本当にすごいことです。

気候変動が原因

スイスのジュラ山脈だけではなく、最初に影響を受けた山脈もあります。しかし、カントンのほぼ半分が森林に覆われているため、その被害は特に顕著です。そして何よりも、地球温暖化によってキクイムシが高度を上げ、木材産業が高く評価するトウヒの木をより多く破壊するようになったら、他の森林、特にアルプスの森林で何が起こるかを予見している。”スプルース “の代わりに何が使われるのか?彼らはすでに他の種を見つけようと話しています」とMarcel Mahon氏は続けます。また、50年後、100年後も同じようになるのではないかという不安もあります。

バークビートルがいてもいなくても、旱魃はいずれにしても森林の最大の敵です。低地ではトウヒが絶望的であるとすれば、スイスでは長期的にはトネリコの90%が失われる可能性もある。

シェアしよう!