樹木は、夏には空気を冷やし、冬には冷えを抑える働きがあります。Universal Images Group via Getty - Auscape

環境:木の持つ断熱効果の研究

木は、夏には空気を冷やし、冬には冷却を制限することができます。フランス国立科学研究センター(CNRS)の研究者を含む国際的な研究チームによって、ヨーロッパレベルで初めて森林の断熱効果がマッピングされました。本研究成果は、10月4日(月)に科学雑誌「Global Change Biology」に掲載されました。また、この天然の断熱材がもたらす危険性も強調されています。

この地図を描くために、科学者チームは世界中の温度センサーのデータと、ヨーロッパの森林に設置された1,000個以上のセンサーの測定値を比較しました。

その結果、森は自然の断熱材の役割を果たしていることがわかりました。夏の平均では、下草の中の空気は開放的な場所に比べて2.1度低くなります。冬は逆に、空気が2度ほど暖かくなります。

これらの効果は、地域や種によって異なります。例えば、冬は針葉樹の影響で気温が3度上昇します。

脅威にさらされている森林

このメカニズムは、葉の中の水の循環によるものです。木はその根を通して、夏には一般的に外気よりも涼しい地面から水を汲み上げます。この水は、幹を通って葉から蒸気として排出されます。そのため、葉は涼しさだけでなく、日陰も作ってくれます。

この調査では、森林の持つ驚異的な断熱機能が強調されている一方で、それを脅かすものについても詳しく述べられています。人間の活動、嵐や干ばつがこれらの生態系にダメージを与えています。また、気温の上昇も脅威となっています。気温が高すぎると、樹木の蒸散システムが停止し、森林の健康状態が悪化します。

シェアしよう!