オミクロンの恐怖の変種

2月27日(月)の新聞を読むと、多くの恐怖があり、楽観的な理由はほとんどない。実際、フランスは「オミクロンの大波に巻き込まれた」とLes Echosは警告している。Libération』の一面には、「Maxi désordre」と書かれている。”クリスマスの日に新たに10万人の感染者を記録:変種が急速に広がり、懸念されている “と書かれています。ル・モンド紙によれば、このウイルスは「数日以内にフランスで優勢になる」という。たとえ「予備データでは、その危険性はデルタ型よりも低いかもしれない」と言っても、「科学委員会によれば、感染性が高まり、社会を混乱させる恐れがある」変異型である。

再び国が麻痺する脅威

オミクロンは再び国を停滞させる可能性があり、それをL’Humanitéは危惧しているのです。新聞は「麻痺の亡霊」に戻り、「コビトの流行が経済と国を強制停止寸前に追い込んでいる」と解説している。Aujourd’hui en Franceは、病院が「黒い一週間」を迎えていると指摘しています。病気の看護師の欠勤が「医療機関をさらに脆弱にしている」一方で、1週間で「入院患者数は11%増加し、フランスでの発症率は過去最高」:「10万人のうち650人が汚染されている」。また、Le Parisien誌は、「飛行人員の不足により国際便が相次いでキャンセルされた」と、すでに航空路線に影響が出ていることを指摘している。スポーツ界はすでに影響を受けている、とL’Équipeは言う。ラグビーでは、今週末のTOP14は7試合中4試合が延期となり、「大きな混乱」を招いた。この「健康状態の悪化」は、「今後数週間のうちに」他のスポーツや他の競技に影響を与える可能性があります。

どんな反応?

という問いかけも、もちろん各ニューススタンドに並んでいます。「汚染物質の急増に直面し、行政府は今週月曜日の午後に健康防衛会議を開催する」とLe Figaro誌は回想する。新聞によると、「夜間外出禁止令の導入の可能性と、接触者の隔離期間の短縮の可能性」が議題として挙げられています。Libérationが指摘するように、一つの対策はすでに知られている。すなわち、予防接種パスの導入である。しかし、大統領選の数ヶ月前、エマニュエル・マクロンは大きな勝負に出ている。Aujourd’hui en Franceがはっきりと見ているように、もし大統領が40%という高い支持率を享受すれば、「オミクロン津波がカードを入れ替える可能性がある」のだ。”戦略的なミス “は、公衆衛生上、大きな代償を払うことになりかねません。政治においては、おそらく他のどの分野よりも、恐怖は決して良い助言にはならない。月曜日に招集された臨時閣僚会議は、パニックが国中に広がることを望まないのであれば、パニックに屈しない方が良いだろう」と警告している。

デズモンド・ツツ氏の死去

政治と宗教の狭間で、祖国の和解と統一のために尽力してきた。デズモンド・ツツ氏の死去も話題になっている。”L’architecte de la réconciliation sud-africaine”, headlines Le Figaro. L’humanitéが紹介する「最後の反アパルトヘイトの巨人」。Aujourd’hui en Franceによると、彼は「闘争の人生」の末、昨日90歳で亡くなりました。解放のための「無敵のデズモンド・ツツ」、ネルソン・マンデラの親友、1984年ノーベル平和賞受賞。彼は「英国国教会初の黒人大主教」であると同時に、「LGBT+コミュニティの熱烈な擁護者」であったとリベは言う。そして、最も美しい賛辞のひとつは、明らかにラ・クロワが払っている。カトリック新聞は、ツツ大主教にとって、「正義、万人の尊厳、エコロジーへの取り組みは、彼の信仰と切り離せないものだった」と述べている。努力し、黙想し、宣べ伝える信仰であると同時に、破壊的な信仰でもあった。ラ・クロワはこの件に関して、主な関係者の言葉を引用しています。「世界の有力者が、我々が宗教と政治を混同するという非常に醜いことをしていると批判するとき、我々はこう答える:しかしあなた、あなたはどんな聖書を読んでいるのですか?ラクロワにとって、それは「弱者のたゆまぬ擁護者」であるデズモンド・ツツであった。

“ハイチの夜 “を彩るクリスマスイルミネーション

La Croixはまた、別の宗教者の闘争を紹介し、「ハイチの夜のクリスマスライト」という印象的なレポートを掲載しています。新聞では、「35年以上ハイチで宣教師をしている」ミシェル・ブリアン神父のクリスマスストーリーが紹介されています。昨年春にはギャングに3週間拘束されたが、それでも「暴力や悲惨な状況にある人々の近くにいたい」とラ・クロワは説明する。そして、彼と一緒にサン・ロック教区で、ハイチ人は「より良い生活への希望」を見出している、と新聞は伝えている。

 

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20211227-à-la-une-la-peur-du-variant-omicron