フランス映画祭2006:Alex /アレックス

20060309151503_m9.jpg
監督:ジョゼ・アルカラ(短編『La visite』)
出演:マリー・レイナル(短編『La visite』)、ジェラール・メイラン(『マルセイユの
恋』)
ドラマ/2004年/100分
仏誌アンロキュプティーブルほか各誌が絶賛! 見事な女優による、事実そのものが放つ力の衝撃的なポートレイト


20060309151443_m9.jpg
20060309151409_m9.jpg
ドラマ/2004年/100分
仏誌アンロキュプティーブルほか各誌が絶賛!見事な女優による、事実そのものが放つ力の衝撃的なポートレイト。新たに人生を取り戻し、その隙間を埋め、真っ直ぐに立とうとする彼女自身の姿と重なるかのように、彼女の手によって、再び新しい壁が築かれていく。ジョゼ・アルカラ監督の短編『La visite』(00)、『Les Gagne-Petits』(98)のヒロイン、マリー・レイナルを再び迎えた監督初長編作品。「自然なままの、よい意味での表皮的な何か」を生み出すために、登場人物の何人かは化粧をせずに出演。音楽も一切使っていない。「物売りの声や、風の音、そういった状況の音だけで充分だった」と監督は語る。
Story
人見知りで無愛想で、人生を楽しみ、男たちを愛する30代の自立した女性アレックス。生活のために市場で果物や野菜を売り、作業場ではもぐりで働いている。彼女には14歳の息子グザヴィエがいるが、グザヴィエは現在父親と暮らしている。息子を引き取って共に暮らすという希望を抱いて、彼女はフランス南部の小さな村はずれにある廃墟をたったひとりで修復する。
Staff
監督:ジョゼ・アルカラ
製作:パウロ・ブランコ
脚本:ジョゼ・アルカラ、オリヴィエ・ゴルス、
アニエス・ドゥ・サシー
撮影:パスカル・プセ
Cast
出演:マリー・レイナル(短編『La visite』)、ジェラール・メイラン(『マルセイユの恋』)

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  2. 2007-8-9

    バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  3. 2005-11-20

    江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  4. 2010-3-30

    中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
  5. espace sans tabac

    2015-7-15

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  6. 2010-10-31

    長寿大国は日本?フランス?

    世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  7. 2018-6-2

    フランス映画祭 2018ナタリー・バイが団長に決定!

    今年で26回⽬を迎える「フランス映画祭 2018」(6/21(⽊)~6/24(日)開催)。⽇仏交流1…
ページ上部へ戻る