フランス映画祭2006:Entre ses mains/イン・ヒズ・ハンド

20060309155749_m30.jpg
監督:アンヌ・フォンテーヌ(『恍惚』)
出演:ブノワ・ポールヴールド(『ル・ブレ』)、イザベル・カレ(『プロヴァンスの恋』)、
サスペンス/2005年/90分
鋭い感受性で心の動きを解剖するアンヌ・フォンテーヌが切り拓いた“親密なスリラー”!


20060309155652_m30.jpg
20060309155653_m30.jpg
鋭い感受性で心の動きを解剖するアンヌ・フォンテーヌが切り拓いた “親密なスリラー”!ドミニク・バルベリの小説『Les Kangourous』を、アンヌ・フォンテーヌが脚色。見世物的なスリラーの作法を用いることなく、観客がクレールとロランの内側にダイレクトに、親密に入り込んでいくこと狙う。近年期待の高まるイザベル・カレと、2002年にジャン・ギャバン賞を受賞したブノワ・ポールヴールドが共演。音楽は仏現代音楽の偉大な作曲家パスカル・デュサパン。
Story
 クレール・ゴーティエは保険会社に務めている30歳の女性。夫ファブリスと娘ポーリーヌとは何の問題もなく調和のとれた生活を送っている。
ある日、水のトラブルで相談に来た獣医のロランと知り合いになり、瞬く間に親密な関係になっていく。ロランは魅惑的で、疲れを知らず、決して満足することのないハンターだ。初めは彼に惹かれていたクレールだったが、次第に恐ろしさに駆られるようになる。町で何人もの女性の喉をかき切った殺人者の影を彼に重ねるようになるのだ。“メスをもった殺人者”の接近を恐れ、クレールは幻惑と恐怖から逃れようとする。
Staff
監督:アンヌ・フォンテーヌ(『恍惚』)
製作:ブリュノ・ぺズリー、
フィリップ・カルカソンヌ
脚本:アンヌ・フォンテーヌ、
ジュリアン・ボワヴァン
撮影:ドニ・ルノワール
Cast
出演:ブノワ・ポールヴールド(『ル・ブレ』)、イザベル・カレ(『プロヴァンスの恋』)

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  2. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  3. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  4. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  5. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  6. Photo: © Philippe Quaisse / UniFranceハッピー・バースデ…
  7. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
ページ上部へ戻る