フランス映画祭2006:Gentille/優しい女

20060309151145_m7.jpg
監督:ソフィー・フィリエール(『Aïe』)
出演:エマニュエル・ドゥヴォス(『キングス&クイーン(仮)』)、ランベール・ウィルソン(『キャットウーマン』)
コメディ/2004年/102分
うれしいはずの恋人からのプロポーズが悩みの種に…。エマニュエル・ドゥヴォスとランベール・ウィルソンの共演。


20060309151125_m7.jpg
うれしいはずの恋人からのプロポーズが悩みの種に…。エマニュエル・ドゥヴォスとランベール・ウィルソンの共演。 監督はブノワ・ジャコやノエミ・ルヴォヴスキの作品の脚本も努めるソフィー・フィリエール。デプレシャン作品などでお馴染みのエマニュエル・ドゥヴォスと、最近はハリウッドでも活躍するランベール・ウィルソンが共演。撮影は、ジャン=リュック・ゴダールやストローブ=ユイレらの作品の撮影監督として知られるクリストフ・ポロックが担当。
Story
 精神病院で麻酔医として働くフォンテーヌには、もう数年来一緒に暮らしている恋人のミシェルがいる。まさに仕事も恋愛も万事順調だ。それなのにどうして、彼に結婚を申し込まれるとどう答えていいか分からなくなってしまうのだろう? 彼女はイエスともノーとも答えられない。どうしてうれしいはずのプロポーズが逆に彼女を悩ませるのだろう? 彼女の患者であり同僚でもあるフィリップの魅力に気付いているからだろうか。そうはいっても、イエスかノーかはっきりさせなくてはならない!
Staff
監督:ソフィー・フィリエール
製作:マルティヌ・マリニャック、
モーリス・タンシャン
脚本:ソフィー・フィリエール
撮影:クリストフ・ポロック
Cast
出演:エマニュエル・ドゥヴォス(『キングス&クイーン(仮)』)、ランベール・ウィルソン(『キャットウーマン』)
20060309151124_m7.jpg

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  2. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  3. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  5. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  6. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  7. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
ページ上部へ戻る