フランス映画祭2006:Gentille/優しい女

20060309151145_m7.jpg
監督:ソフィー・フィリエール(『Aïe』)
出演:エマニュエル・ドゥヴォス(『キングス&クイーン(仮)』)、ランベール・ウィルソン(『キャットウーマン』)
コメディ/2004年/102分
うれしいはずの恋人からのプロポーズが悩みの種に…。エマニュエル・ドゥヴォスとランベール・ウィルソンの共演。


20060309151125_m7.jpg
うれしいはずの恋人からのプロポーズが悩みの種に…。エマニュエル・ドゥヴォスとランベール・ウィルソンの共演。 監督はブノワ・ジャコやノエミ・ルヴォヴスキの作品の脚本も努めるソフィー・フィリエール。デプレシャン作品などでお馴染みのエマニュエル・ドゥヴォスと、最近はハリウッドでも活躍するランベール・ウィルソンが共演。撮影は、ジャン=リュック・ゴダールやストローブ=ユイレらの作品の撮影監督として知られるクリストフ・ポロックが担当。
Story
 精神病院で麻酔医として働くフォンテーヌには、もう数年来一緒に暮らしている恋人のミシェルがいる。まさに仕事も恋愛も万事順調だ。それなのにどうして、彼に結婚を申し込まれるとどう答えていいか分からなくなってしまうのだろう? 彼女はイエスともノーとも答えられない。どうしてうれしいはずのプロポーズが逆に彼女を悩ませるのだろう? 彼女の患者であり同僚でもあるフィリップの魅力に気付いているからだろうか。そうはいっても、イエスかノーかはっきりさせなくてはならない!
Staff
監督:ソフィー・フィリエール
製作:マルティヌ・マリニャック、
モーリス・タンシャン
脚本:ソフィー・フィリエール
撮影:クリストフ・ポロック
Cast
出演:エマニュエル・ドゥヴォス(『キングス&クイーン(仮)』)、ランベール・ウィルソン(『キャットウーマン』)
20060309151124_m7.jpg

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2009-8-7

    フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  2. 2018-6-2

    フランス映画祭 2018ナタリー・バイが団長に決定!

    今年で26回⽬を迎える「フランス映画祭 2018」(6/21(⽊)~6/24(日)開催)。⽇仏交流1…
  3. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  4. 2015-7-17

    ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  5. 2008-7-4

    国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  6. 2010-12-12

    フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  7. 2015-5-27

    フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
ページ上部へ戻る