フランス映画祭2006:Hell/ HELL_私の名前はヘル

20060309151614_m11.jpg
監督:ブリュノ・シッシュ(『バルニーのちょっとした心配事』)
出演:サラ・フォレスティエ(『恋の足手まとい』)、ニコラ・デュヴォシェル(『さよならS』)
ドラマ/2005年/97分
すさんだ少女に訪れた運命的な恋愛、そして突然の別れ。ロリータ・ピーユが19歳の若さで書き上げた衝撃的な小説をブリュノ・シッシュが映画化。


20060309151723_s11.jpg
すさんだ少女に訪れた運命的な恋愛、そして突然の別れ。ロリータ・ピーユが19歳の若さで書き上げた衝撃的な小説をブリュノ・シッシュが映画化。 2001年の映画祭で処女長編『バルニーのちょっとした心配事』が上映されたブリュノ・シッシュがロリータ・ピーユの原作小説を映画化。19歳の少女が書き上げた衝撃的な内容の小説は当時フランス中の話題をさらい、日本でも「マリ・クレール」誌上での連載を経て単行本化されたほど。主人公のヘルを演じるのは、デビュー作の「LʼEsquive」でいきなり昨年度のセザール賞有望若手女優賞をさらったサラ・フォレスティエ。アンドレアに扮するのはニコラ・ドゥヴォシェル。個性的な若手俳優たちの演技にも注目だ。
20060309151720_s11.jpg
 裕福な家庭に育ったヘルは、毎晩パリのクラブで明け暮らす。ウォッカを飲んでコカインを1ショット、ウォッカを飲んでコカインを1ショットの繰り返し。けれども、そんな上辺だけの世界で生きていくのも楽じゃない。そんな時、彼女はアンドレアと出会い、恋に落ちる。半年にわたる二人きりの濃密な時間。そして、突然の別れ。彼女は地獄へと落ちてゆく…。
20060309151722_s11.jpg
Staff
監督:ブリュノ・シッシュ
製作:ワッシム・ベイジ、ヤニック・ボロレ
脚本:ブリュノ・シッシュ、ロリータ・ピーユ
原作:ロリータ・ピーユ
撮影:マリー・スペンサー
Cast
出演:サラ・フォレスティエ(『恋は足手まとい』)、ニコラ・デュヴォシェル(『さよならS』)
20060309151634_m11.jpg
View image
View image

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  2. 日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  3. フランスも女子アナ時代

    数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  4. フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  5. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial