フランス映画祭2006:Il ne faut jurer de rien/何事も誓うなかれ

20060309151056_m5.jpg
監督:エリック・シヴァニャン(『大浸水』(映画祭上映))
出演:ジェラール・ジュニョ(『コーラス』)、ジャン・デュジャルダン(『マリアージュ!』)
コメディ/2004年/95分
19世紀のパリでくり広げられる恋の駆け引きをユーモアたっぷりに描く。ジェラール・ジュニョとジャン・デュジャルダンの二大コメディー俳優が共演!


20060309151034_m5.jpg
20060309150823_m5.jpg
19世紀のパリでくり広げられる恋の駆け引きをユーモアたっぷりに描く。ジェラール・ジュニョとジャン・デュジャルダンの二大コメディー俳優が共演! 99年の映画祭で「大浸水」が上映されたエリック・シヴァニャンが、アルフレッド・ド・ミュッセの戯曲を原作にして、19世紀のパリを舞台にくり広げられる恋愛の駆け引きを軽妙に描く。『バティニョールおじさん』のジェラール・ジュニョと『マリアージュ!<映画祭上映>』のジャン・デュジャルダンの二大コメディー俳優の共演にも注目。たっぷりのユーモアと次から次に訪れる意外な展開の連続に退屈してる暇なんてない!
Story
 酒と女と賭け事に溺れる放蕩者のヴァロンタン。ついに業を煮やした叔父のヴァンブックは彼を男爵令嬢のセシルと結婚させようとする。そんな気などさらさらないヴァロンタンは、彼女が結婚相手にふさわしくないふしだらな娘であることを叔父に見せ付けるために口説き落としてしまおうとするのだ。ところが、真実の愛を信じるセシルは予想以上にガードが固くてさあ大変。二人のあいだの駆け引きが始まる! 何事も誓うなかれ!
Staff
監督:エリック・シヴァニャン
製作:マニュエル・マンツ
脚本:エリック・シヴァニャン、フィリップ・カボ
原作:アルフレッド・ド・ミュッセ
    (”Il ne faut jurer de rien”(1836))
撮影:エドゥアルド・セラ
Cast
出演:ジェラール・ジュニョ(『コーラス』)、ジャン・デュジャルダン(『マリアージュ!』<映画祭上映>)

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  2. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  3. フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  4. 日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  5. フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial