フランス映画祭2006:Il ne faut jurer de rien/何事も誓うなかれ

20060309151056_m5.jpg
監督:エリック・シヴァニャン(『大浸水』(映画祭上映))
出演:ジェラール・ジュニョ(『コーラス』)、ジャン・デュジャルダン(『マリアージュ!』)
コメディ/2004年/95分
19世紀のパリでくり広げられる恋の駆け引きをユーモアたっぷりに描く。ジェラール・ジュニョとジャン・デュジャルダンの二大コメディー俳優が共演!


20060309151034_m5.jpg
20060309150823_m5.jpg
19世紀のパリでくり広げられる恋の駆け引きをユーモアたっぷりに描く。ジェラール・ジュニョとジャン・デュジャルダンの二大コメディー俳優が共演! 99年の映画祭で「大浸水」が上映されたエリック・シヴァニャンが、アルフレッド・ド・ミュッセの戯曲を原作にして、19世紀のパリを舞台にくり広げられる恋愛の駆け引きを軽妙に描く。『バティニョールおじさん』のジェラール・ジュニョと『マリアージュ!<映画祭上映>』のジャン・デュジャルダンの二大コメディー俳優の共演にも注目。たっぷりのユーモアと次から次に訪れる意外な展開の連続に退屈してる暇なんてない!
Story
 酒と女と賭け事に溺れる放蕩者のヴァロンタン。ついに業を煮やした叔父のヴァンブックは彼を男爵令嬢のセシルと結婚させようとする。そんな気などさらさらないヴァロンタンは、彼女が結婚相手にふさわしくないふしだらな娘であることを叔父に見せ付けるために口説き落としてしまおうとするのだ。ところが、真実の愛を信じるセシルは予想以上にガードが固くてさあ大変。二人のあいだの駆け引きが始まる! 何事も誓うなかれ!
Staff
監督:エリック・シヴァニャン
製作:マニュエル・マンツ
脚本:エリック・シヴァニャン、フィリップ・カボ
原作:アルフレッド・ド・ミュッセ
    (”Il ne faut jurer de rien”(1836))
撮影:エドゥアルド・セラ
Cast
出演:ジェラール・ジュニョ(『コーラス』)、ジャン・デュジャルダン(『マリアージュ!』<映画祭上映>)

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010-3-2

    フランス核実験で人体実験も、、、

    しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  2. 2009-5-24

    日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  3. 2010-7-2

    フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  4. 2010-3-12

    フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  5. 2018-6-2

    フランス映画祭 2018ナタリー・バイが団長に決定!

    今年で26回⽬を迎える「フランス映画祭 2018」(6/21(⽊)~6/24(日)開催)。⽇仏交流1…
  6. 2009-11-26

    科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  7. 2009-8-7

    フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
ページ上部へ戻る