フランス映画祭2006:Le Courage d’aimer /愛する勇気

20060309150608_m3.jpg
監督・脚本:クロード・ルルーシュ(『男と女』)
出演:マチルド・セニエ(『ハリー、見知らぬ友人』)、ミシェル・リーブ(『カタスト
ロフ・ダンディー』)
ドラマ/2004年/103分
クロード・ルルーシュの新たな挑戦。「Le Genre humain」三部作から偶然生み落とされた、アウトサイダーたちの愛の賛歌!
クロード・ルルーシュの新たな挑戦。「Le Genre humain」三部作から偶然生み落とされた、アウトサイダーたちの愛の賛歌! 66年に『男と女』でカンヌ映画祭グランプリほか各賞を受賞し、大人の恋愛を描き続けてきたクロード・ルルーシュ監督が、2004年から手掛け始めた「Le Genre humain(訳題:人類)」三部作。その第一部『Les Parisiens』を、興行上の理由から、第二部『Le Bonheur, c’est mieux que la vie』の撮影途中に再編集したのが本作。第一部のシーンを随所に見せながら、のちに第二部で使われることになるシーンも織り込むといった興味深い編集になっている。仏コメディ・スターのマチルド・セニエをはじめ、近年アブドゥラティフ・ケシシュ監督の『L’Esquive』で2005年セザール賞有望若手女優賞を獲得した注目のサラ・フォレスティエらが出演する。


20060309150532_m3.jpg
20060309150533_m3.jpg
路上の歌手、女のスリ、バーのウエートレス、何でもこなすお手伝い、カリスマ的露店商人…愛する勇気は、独学のひとたち、アウトサイダーたち、決して出世しないだろうひとたちの歓呼の声。
Staff
監督・脚本:クロード・ルルーシュ(『男と女』)
製作:ジャン=ポール・ド・ヴィダス
脚本:クロード・ルルーシュ
撮影:ジェラール・ド・バティスタ、
ジャン=マリー・ドルージュ
Cast
出演:マチルド・セニエ(『ハリー、見知らぬ友人』)、ミシェル・リーブ(『カタストロフ・ダンディー』)、サラ・フォレスティエ

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2006-1-25

    子だくさんフランス

    今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  2. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  3. 2010-3-12

    フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  4. 2009-5-4

    便利なパリ、グランパリ計画

    フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  5. 2008-10-24

    フランスも女子アナ時代

    数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  6. 2015-5-27

    フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  7. 2010-3-10

    産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
ページ上部へ戻る