フランス映画祭2006:Les Poupées russes / ロシアン・ドールズ

20060221194955_m46.jpg
監督:セドリック・クラピッシュ(『スパニッシュ・アパートメント』)出演:ロマン・デュリス(『スパニッシュ・アパートメント』)、セシル・ドゥ・フランス(『スパニッシュ・アパートメント』)
ドラマ/2005年/125分
配給:角川ヘラルド・ピクチャーズ
ロマン・デュリス、セシル・ドゥ・フランス、オドレイ・トゥトゥ、ケリー・ライリーらが前作「スパニッシュ・アパートメント」に引き続き、過去や、恋愛観が錯綜するラブ・コメディで再集結!


20060221203606_s46.jpg
『スパニッシュ・アパートメント』から5年。舞台をパリ、ロンドン、そしてサンクトペテルブルクでR・デュリス、A・トトゥ、C・ドゥ・フランスら再結集の青春群像。またも大騒動!オドレイ・トトゥ、セシル・ドゥ・フランスら前作のメンバーが再結集。またもグザヴィエを混乱の渦に巻き込み、大騒動を繰り広げる! 監督もいつものようにTGVの乗客役でちゃっかり出演。
20060221203603_s46.jpg
 国籍も性別も習慣もバラバラ。スペイン、バルセロナの「ごちゃまぜアパート」に暮らす留学生たちの青春群像を通して、迷いながらも人生の意義に目覚めるフランス人青年グザヴィエの通過儀礼を、『猫が行方不明』、『パリの確率』のセドリック・クラピッシュ監督が、HD24pのデジタルカメラを駆使して、快活かつ軽妙に綴った『スパニッシュ・アパートメント』の5年後。バルセロナから帰国して、30歳になったグザヴィエは脚本家となるものの、未だ満足のいく作品を書き上げることができず、自分探しの生活を送っている。そんなとき、かつての留学生アパートの仲間がロシア人と結婚することに。式に出席するため、グザヴィエは一路サンクトペテルブルクに向う?#12290;果たして彼の運命に待ち構えているものとは? 理想の恋人? それとも?#12290;
Staff
監督:セドリック・クラピッシュ
製作:ブリューノ・レヴィ
脚本:セドリック・クラピッシュ
撮影:ドミニク・コラン
Cast
出演:ロマン・デュリス(『スパニッシュ・アパートメント』)、オドレイ・トトゥ(『アメリ』)、セシル・ドゥ・フランス

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2006-2-18

    結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  2. 2010-3-10

    産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  3. 2011-9-1

    仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  4. 2010-6-7

    フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  5. 2009-9-11

    日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  6. 2009-9-15

    移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  7. 2010-3-2

    フランス核実験で人体実験も、、、

    しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
ページ上部へ戻る