フランス映画祭2006:Les Poupées russes / ロシアン・ドールズ

20060221194955_m46.jpg
監督:セドリック・クラピッシュ(『スパニッシュ・アパートメント』)出演:ロマン・デュリス(『スパニッシュ・アパートメント』)、セシル・ドゥ・フランス(『スパニッシュ・アパートメント』)
ドラマ/2005年/125分
配給:角川ヘラルド・ピクチャーズ
ロマン・デュリス、セシル・ドゥ・フランス、オドレイ・トゥトゥ、ケリー・ライリーらが前作「スパニッシュ・アパートメント」に引き続き、過去や、恋愛観が錯綜するラブ・コメディで再集結!


20060221203606_s46.jpg
『スパニッシュ・アパートメント』から5年。舞台をパリ、ロンドン、そしてサンクトペテルブルクでR・デュリス、A・トトゥ、C・ドゥ・フランスら再結集の青春群像。またも大騒動!オドレイ・トトゥ、セシル・ドゥ・フランスら前作のメンバーが再結集。またもグザヴィエを混乱の渦に巻き込み、大騒動を繰り広げる! 監督もいつものようにTGVの乗客役でちゃっかり出演。
20060221203603_s46.jpg
 国籍も性別も習慣もバラバラ。スペイン、バルセロナの「ごちゃまぜアパート」に暮らす留学生たちの青春群像を通して、迷いながらも人生の意義に目覚めるフランス人青年グザヴィエの通過儀礼を、『猫が行方不明』、『パリの確率』のセドリック・クラピッシュ監督が、HD24pのデジタルカメラを駆使して、快活かつ軽妙に綴った『スパニッシュ・アパートメント』の5年後。バルセロナから帰国して、30歳になったグザヴィエは脚本家となるものの、未だ満足のいく作品を書き上げることができず、自分探しの生活を送っている。そんなとき、かつての留学生アパートの仲間がロシア人と結婚することに。式に出席するため、グザヴィエは一路サンクトペテルブルクに向う?#12290;果たして彼の運命に待ち構えているものとは? 理想の恋人? それとも?#12290;
Staff
監督:セドリック・クラピッシュ
製作:ブリューノ・レヴィ
脚本:セドリック・クラピッシュ
撮影:ドミニク・コラン
Cast
出演:ロマン・デュリス(『スパニッシュ・アパートメント』)、オドレイ・トトゥ(『アメリ』)、セシル・ドゥ・フランス

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2009-5-24

    日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  2. 2009-8-19

    フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  3. 2015-7-17

    ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  4. 2010-3-2

    フランス核実験で人体実験も、、、

    しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  5. 2018-5-19

    アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  6. 2009-12-2

    携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  7. 2009-8-13

    フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
ページ上部へ戻る