フランス映画祭2006:Mon petit doigt m’a dit / アガサ・クリスティーの親指のうずき(仮題)

20060309152952_m25.jpg
監督:パスカル・トマ(『夫たち、妻たち、恋人たち』)出演:カトリーヌ・フロ(『女はみんな生きている』)、アンドレ・デュソリエ(『ピエロの赤い鼻』)
コメディ・サスペンス/2005年/105分
配給:ハピネット・ピクチャーズ+セテラ・インターナショナル
没後30年、ミステリの女王アガサ・クリスティーが創造したポアロ、ミス・マープルに継ぐ人気キャラクター<おしどり探偵トミーとタペンス>が、フランスのユーモアとエスプリをまとってスクリーンに登場!
ミステリーの女王アガサ・クリスティー没後30年記念作品。優雅な奥さま探偵が活躍する、のどかな田園ミステリー!今年没後30年にあたるミステリーの女王アガサ・クリスティーが創造したポアロ、ミス・マープルに継ぐ人気キャラクター<おしどり探偵トミーとタペンス>が、フランスのユーモアとエスプリをまとってスクリーンに登場。カトリーヌ・フロとアンドレ・デュソリエの軽妙洒脱なやりとりと、脇を固める豪華キャストたちに愉快に酔いしれる。


20060309152929_m25.jpg
20060309152930_m25.jpg
 田舎のお屋敷で悠々自適な生活をおくる好奇心旺盛な奥様プリュダンス。ある日、見知らぬ老婦人ローズに話し掛けられ、そのことが何故か強く印象に残る。数週間後、叔母の遺品整理をしていた彼女は一枚の風景画に目を留める。絵に描かれた森の中の一軒家には見覚えがあり、絵の元の持ち主はローズだと気づくのだ。奇妙な胸騒ぎを覚え、彼女に絵を返そうとしたものの、ローズはあまりに唐突に姿を消していた。事件の予感!?“親指のうずき”を感じたプリュダンスは、あきれる夫や娘一家をよそに<単独捜査>を開始。その好奇心が、ある村にまつわる忌まわしい出来事を掘り起こそうとはつゆ知らず…。
Staff
監督:パスカル・トマ(『夫たち、妻たち、恋人たち』)
製作:アラン・カディエール、
パスカル・トマ
脚本:パスカル・トマ、
ナタリー・ラフォーリー、
フランソワ・カヴィリオーリ
撮影:ルナン・ポーレ
Cast
出演:カトリーヌ・フロ(『女はみんな生きている』)、アンドレ・デュソリエ(『ピエロの赤い鼻』)

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  2. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  3. フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  4. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  5. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  6. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  7. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
ページ上部へ戻る