フランス映画祭2006:Palais Royal !/パレ・ロワイヤル!

20060309152459_m18.jpg
監督・主演:ヴァレリー・ルメルシエ(『カドリーユ』)
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(『ロバと王女』)、ランベール・ウィルソン(『キャットウーマン』)
コメディ/2004年/110分
ユーモアの女王、ヴァレリー・ルメルシェ監督主演。カトリーヌ・ドヌーヴ、ランベール・ウィルソンら豪華キャストで贈る傑作コメディ!
20060309152541_s18.jpg
20060309152538_s18.jpg


ユーモアの女王、ヴァレリー・ルメルシエ監督主演。カトリーヌ・ドヌーヴ、ランベール・ウィルソンら豪華キャストで贈る傑作コメディ!監督主演は、いまやコメディ女優や歌手などマルチな活躍を展開する「ユーモアの女王」ことヴァレリー・ルメルシエ。さらにカトリーヌ・ドヌーヴやランベール・ウィルソンなどまさにフランス映画界を代表する豪華キャストの助けを得て、王宮生活を面白おかしく斬新に描き出す。ドヌーヴ自身もまた「デビュー当時からのヴァレリーの大ファン」だと言うから共演者たちの息もぴったり。公開第一週目で95万人を動員する大ヒット作となり、「本年度最高のコメディ」と絶賛されるなど興行的にも批評的にも大成功をおさめた作品だ。
20060309152430_m18.jpg
 ナイーヴな発音矯正士のアルメルは王の末っ子と結婚。そして王の逝去をきっかけになんと女王になってしまう。毎日王冠を被って暮らすなんて笑えない・・・。いやこれはもう笑うしかない!
20060309152539_s18.jpg
Staff
監督:ヴァレリー・ルメルシエ
脚本:ブリジット・ビュック、ヴァレリー・ルメルシエ
製作:エドゥアルド・ヴェイユ
撮影:ジェームズ・ウェランド
Cast
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(『ロバと王女』)、ランベール・ウィルソン(『キャットウーマン』)
20060309152429_m18.jpg

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  2. フランス核実験で人体実験も、、、

    しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  3. フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  4. 仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  5. 産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial