フランス映画祭2006:The Passenger /パッセンジャー(原)

20060203190840_m26.jpg
監督:フランソワ・ロドゲール(『JAN』)
出演:伊勢谷友介(『CASSHERN』)、ガブリエル・ラジェール(『クリムゾン・リバー2』)
ドラマ/2005年/88分
配給:トルネード・フィルム
伊勢谷友介が日仏カナダ合作映画に主演! 叙情あふれる美しいモントリオール、東京の郊外の景色を背景に、現代に生きる孤独な人々を描くスリラー


伊勢谷友介が日仏カナダ合作映画に主演! 叙情あふれる美しいモントリオール、東京の郊外の景色を背景に、現代に生きる孤独な人々を描くスリラー日本映画界で活躍する伊勢谷友介がコウジを、新人・金子久美がヒロコを演じる。三道役には58年にデビューして以来120本近い映画に出演しているベテラン夏木陽介が、若いやくざには加瀬亮があたる。撮影は、ヴェネチア映画祭2003コンペ出品作ブリュノ・デモン『Twenty-nine Palms』で美しいアメリカの砂漠地帯を切り取ったベテラン、ジョルジュ・ルシャプトワ。国境を越え、現代に生きる孤独な人々の姿を、美しい背景のなかでフォトジェニックに焼き付けてゆく。
Story
 写真家として“ザ・フェイス”(英)や“ヴォーグ”(仏)誌などで活躍していたフランソワ・ロトゲールの初長編監督作品。幼馴染であり、互いに深く愛し合っているコウジとヒロコ。二人の関係を良く思わないヒロコの父親、三道直樹。やくざの関連会社で働く三道は、ある時重大な金銭トラブルに巻き込まれ、それを解消するためにコウジはカナダへと向う。その間、最大の危機がヒロコに襲いかかろうとしているとは、予想もせずに―。
Staff
監督:フランソワ・ロトゲール
製作:トム・デルクール(仏)、
イアン・ボイド(カナダ)、
ステファン・レイモン(カナダ)
平川麻理子(日本)
脚本:フランソワ・ロトゲール
撮影:ジョルジュ・ルシャプロワ
Cast
出演:伊勢谷友介(『CASSHERN』)、ガブリエル・ラジュール(『クリムゾン・リバー2』)

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2011-1-31

    フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  2. 2010-1-5

    シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  3. 2009-8-7

    フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  4. 2010-3-12

    フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  5. 2010-6-7

    フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  6. 2015-5-27

    フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  7. 2011-9-1

    仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
ページ上部へ戻る