フランス映画祭2006:Toi et moi/ Toi et moiートワ・エ・モワ

20060202154143_m10.jpg
監督:ジュリー・ロペス=キュルヴァル(『海のほとり』(映画祭上映))
出演:マリオン・コティヤール(『ロング・エンゲージメント』)、ジュリー・ドパルデュー(『リリィ』)
コメディ/2005年/94分
世界が認めた女性監督のもとにドパルデューとコティヤール、ふたりの人気女優が集結! 恋は夢? 現実? ちょっと切なくて勇気がもらえるラブコメディ


世界が認めた女性監督のもとにドパルデューとコティヤール、ふたりの人気女優が集結!恋は夢? 現実?ちょっと切なくて勇気がもらえるラブコメディ 現実とフォトストーリーとのあいだで、果たしてふたりの姉妹は真実の愛を見つけられるのだろうか。ジュリー・ドパルデューとマリオン・コティヤールのふたりの人気女優が姉妹を演じる、少し切なくも心温まる恋愛コメディ。処女作『海のほとり<映画祭上映>』でカンヌ映画祭監督週間部門カメラドール賞を獲得したジュリー・ロペス=キュルヴァル監督待望の第2作目。
Story
ふたりの姉妹アリアヌとレナはともに、起伏の多いセンチメンタルな生活を送っている。フォトストーリー雑誌「Toi et Moi」の編集者アリアヌはそこでふたりの数々の恋愛体験を、現実を美化しながら描きがちだ。
でも実際の人生は「作り話」とは違う。アリアヌはファリドに心惹かれ彼に
付きまとい、一方でレナはフランソワにうんざりして冴えない日々。でももしアリアヌがスペイン人の建設労働者パオロの愛に身を任せてみたら? もしレナが、出会ったばかりの天才ヴァイオリニスト、マークに心をときめかせてみたら? いったいどうなるのだろう?
Staff
監督:ジュリー・ロペス=キュルヴァル(『海のほとり』<映画祭上映>)
製作:アラン・バンギギ
脚本:ジュリー・ロペス=キュルヴァル、
ソフィー・イエ
撮影:フィリップ・ギベール
Cast
出演:マリオン・コティヤール(『ロング・エンゲージメント』)、ジュリー・ドパルデュー(『リリィ』)

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  2. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  3. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  4. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  5. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  6. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  7. 2010/10/25

    産休延長へ
    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
ページ上部へ戻る