フランス映画祭2006:Toi et moi/ Toi et moiートワ・エ・モワ

20060202154143_m10.jpg
監督:ジュリー・ロペス=キュルヴァル(『海のほとり』(映画祭上映))
出演:マリオン・コティヤール(『ロング・エンゲージメント』)、ジュリー・ドパルデュー(『リリィ』)
コメディ/2005年/94分
世界が認めた女性監督のもとにドパルデューとコティヤール、ふたりの人気女優が集結! 恋は夢? 現実? ちょっと切なくて勇気がもらえるラブコメディ


世界が認めた女性監督のもとにドパルデューとコティヤール、ふたりの人気女優が集結!恋は夢? 現実?ちょっと切なくて勇気がもらえるラブコメディ 現実とフォトストーリーとのあいだで、果たしてふたりの姉妹は真実の愛を見つけられるのだろうか。ジュリー・ドパルデューとマリオン・コティヤールのふたりの人気女優が姉妹を演じる、少し切なくも心温まる恋愛コメディ。処女作『海のほとり<映画祭上映>』でカンヌ映画祭監督週間部門カメラドール賞を獲得したジュリー・ロペス=キュルヴァル監督待望の第2作目。
Story
ふたりの姉妹アリアヌとレナはともに、起伏の多いセンチメンタルな生活を送っている。フォトストーリー雑誌「Toi et Moi」の編集者アリアヌはそこでふたりの数々の恋愛体験を、現実を美化しながら描きがちだ。
でも実際の人生は「作り話」とは違う。アリアヌはファリドに心惹かれ彼に
付きまとい、一方でレナはフランソワにうんざりして冴えない日々。でももしアリアヌがスペイン人の建設労働者パオロの愛に身を任せてみたら? もしレナが、出会ったばかりの天才ヴァイオリニスト、マークに心をときめかせてみたら? いったいどうなるのだろう?
Staff
監督:ジュリー・ロペス=キュルヴァル(『海のほとり』<映画祭上映>)
製作:アラン・バンギギ
脚本:ジュリー・ロペス=キュルヴァル、
ソフィー・イエ
撮影:フィリップ・ギベール
Cast
出演:マリオン・コティヤール(『ロング・エンゲージメント』)、ジュリー・ドパルデュー(『リリィ』)

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  2. フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  3. 結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  4. 次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  5. フランス映画祭2019記者会見

    フランス映画祭2019横浜団長・フェスティバルミューズ決定

    今年もフランス映画祭の季節がやってきました。 本年のフェスティバルミューズは女優の中谷美紀さ…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial