書籍「にほんのお守り」が発売されました

アンテンヌフランス代表理事の中津川が執筆した書籍「にほんのお守り」が発売されました。

アンテンヌフランスを通してフランスの情報や文化を紹介していますが、同時にフランス人など外国人の日本に対する興味は年々高まっています。日本のアニメなど「おたく」ブームがフランスでも起こっていますが、そこまでコアな人ではなく、もう少し身近な日本の事を知りたいというフランス人からの質問は絶えません。

日本の伝統的な文化に関しては敷居が高すぎて日本人にも倦厭されてしまうことが多く、知りたいことはなかなか載っていないことが多いもので、神社仏閣から繋がる日本の暮らしや縁起の取り方などが分かる本を執筆することを計画していました。

この本はお守りを題材にして願い事毎にお守りと寺社を紹介していますが、その根底にある話を織り交ぜて紹介しています。神社の鈴は何のためにあるのか?神社は右足から入るのか左足から入るのか?十二支の本来の意味などイラストで分かりやすく紹介しました。特に十二支の原始的な意味に関しては、古文書のような和綴じ本まで探しましたが、イラスト化されたのは初めてではないのかと考えています。

書店で見かけ見かけましたら、ちょっと立ち読みしてみて下さい。(暮らしのコーナーか占いなどのコーナーなど書店により様々のようです)

http://amzn.to/dAMJ0b
アマゾン(日本の民俗など)で一時1位になりました。

2010/11/8(月)午後5時頃からラジオに出演いたします。
「News Delivery」(ニュース デリバリー)という番組の「TOKYO道草LIFE」というコーナーで、書籍「にほんのお守り」について電話インタビューを受けることになりました。
お時間がある方は是非聞いてみてください。
残念なことに、放送エリアが一部地域だけだそうです。

ネット局:FM山口・FM三重

「にほんのお守り」公式サイト
http://omamori-life.com/book/

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  2. パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコ…
  3. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  4. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  5. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  6. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  7. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
ページ上部へ戻る