東京音楽の祭日(フェト・ドゥ・ラ・ミュージック)

フランス生まれの音楽のお祭り「フェト・ドゥ・ラ・ミュージック」が東京で13日から始まっている。

フェト・ドゥ・ラ・ミュージック(Fête de la Musique au
Japon、音楽の祭日)とは1982年にフランスで生まれた「音楽の祭典」を原型としたもの。フランスではこの日、地下鉄やカフェ、路上でのライブやコンサートが行われ街が音楽一色となる一日だ。

日本でも2002年にこのお祭りが行われるようになり、今年は東京で第6回目の開催となる。「音楽はすべての人のもの」という趣旨に則ったジャンル、プロ・アマを問わない音楽家によるライブコンサートが各会場で行われる。

東京では池上本門寺や六本木、日比谷、下北沢等各所で行われ、東京もパリと同じように音楽が楽しめる街に変身する。協力店では入場料無料で行われる。フランス生まれの音楽イベントを楽しんでみてはいかが?

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  2. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  3. アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  4. 長寿大国は日本?フランス?

    世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  5. 増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial