人工知能がパリ万博で仮想ゴッホを生み出す

パリのオルセー美術館での新しい展覧会では、バーチャルリアリティと人工知能を使用して、訪問者をヴィンセント・ヴァン・ゴッホの最後の絵画に没頭させ、アーティスト自身に紹介することさえあります。

今週開幕し、2月まで開催される展覧会「オーヴェル・シュル・オワーズのゴッホ、最後の月」は、ゴッホがフランスの首都のすぐ北にあるオーヴェル・シュル・オワーズに拠点を置いていた彼の人生の最後の2ヶ月間に制作した作品に捧げられています。

オランダの画家は1890年5月20日にオーヴェル・シュル・オワーズに到着し、錆びたピストルで自殺未遂の後、7月29日に37歳で亡くなりました。

パリのオルセー美術館で、ゴッホの「ポール・ガシェ博士の肖像」を訪問者が見る。© AFP - ディミター・ディルコフ
パリのオルセー美術館で、ゴッホの「ポール・ガシェ博士の肖像」を訪問者が見る。© AFP – ディミター・ディルコフ

2ヶ月で、アーティストはポール・ガシェ博士の肖像、オーヴェルの教会、カラスとウィートフィールドなどの象徴的な作品を含む74の絵画と33のドローイングを制作しました。

「さらに驚くべきことは、この期間に専用のショーケースが与えられたことがないことです」とオルセー美術館の社長であるクリストフ・レリボーは言いました。

ハイライトの中には、彼の「ダブルスクエア」パノラマに捧げられた部屋があり、彼は非常に長くて薄いキャンバスを使用し、映画のワイドスクリーンの風景を予見した技術革命です。

フィンセント・ヴァン・ゴッホの「カラスのある小麦畑」(1890年7月8日)。© ヴァン・ゴッホ美術館、アムステルダム(ヴィンセント・ファン・ゴッホ財団)
フィンセント・ヴァン・ゴッホの「カラスのある小麦畑」(1890年7月8日)。© ヴァン・ゴッホ美術館、アムステルダム(ヴィンセント・ファン・ゴッホ財団)

バーチャル・ヴァン・ゴッホ

この展覧会では、フランスの公共博物館で初めてのバーチャルリアリティ体験も提供しています。

アーティストのパレットに命を吹き込む没入型VR体験だけでなく、人工知能で作られたゴッホのアバターが展覧会の最後にビデオ画面に表示されます。

訪問者はアーティストに質問をし、彼の手紙の分析に基づいてAIが生成した回答を受け取ることができます。

「このアバターを使用すると、博物館を訪れる方法を再考し、より積極的な役割を果たすことができます…自分自身に質問をし、各訪問者に合わせてよりパーソナライズされた情報を提供することによって」と、この機能を設計したストラスブールの新興企業であるジャンボ・マナの責任者であるクリストフ・ルノーはRFIに語った。

これは、新しい博物館体験を創造し、若い訪問者を引き付けることを目的とした実験的なAI研究プログラムの一環として行われます。

「この実験は、私たちが今日AIについて知っていることを理解し、限界がどこにあるのか、知識をどこで改善する必要があるのかを理解し、可能な限り網羅的にできるようにするのに役立つはずです」とルナウディノーは言います。

「今後4ヶ月間の[展覧会の]目標は、ヴィンセント・ファン・ゴッホにできるだけ近づくことです。だからこそ、私たちは本当にAIを更新しています…そして、AIは訪問者とのやり取りから学びます。」

「ヴァン・ゴッホ・イン・オーヴェル=シュル・オワーズ、最後の月」は2024年2月4日までオルセー美術館にあります。

https://www.rfi.fr/en/culture/20231008-artificial-intelligence-generates-virtual-van-gogh-at-paris-exhibition

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1696
Enable Notifications OK No thanks