映画:『ラ・ベロニカ』インフルエンサーを滑稽に皮肉ったファッショナブルな映画!

今週水曜日8月17日より(フランスの)映画館で、2020年のサンセバスチャン映画祭で発掘された、チリ映画の活力を代表するチリ人監督レオナルド・メデルの作品『ラ・ベロニカ』が上映されます。プールの鮮やかな色彩とラ・ベロニカの魅力的な笑顔の向こうには、ソーシャルネットワークや特定のメディアに対する、滑稽で残酷な批判、その空虚さ、そして最終的にはその操作の力による危険性が、猛烈なまでに隠されているのです。

その顔の奥には何があるのか?この疑問は、映画の3/4の間、見る者につきまとう。また、チリ人サッカー選手の億万長者の妻であるインフルエンサー、ベロニカ・ララの公認伝記も売り物です。ベロニカ・ララの顔は、映画中、どのショットでも、常に、スクリーンの正面と中央にある。彼女がSNSのスターに育てる少女たち以外の登場人物は、横顔で、後ろから、登場するのです。

プールサイドのラ・ベロニカと2人の弟子たち。チリ人のヴィクトリア・ベッカムを主人公にしたレオナルド・メデル監督の作品。ムーライトフィルム
プールサイドのラ・ベロニカと2人の弟子たち。チリ人のヴィクトリア・ベッカムを主人公にしたレオナルド・メデル監督の作品。ムーライトフィルム

重層的な物語

ヴェロニカの人生は、スクリーン、ブログ、インスタグラムのアカウント、ネットワーク上のさまざまなプロフィールで演じられます。ヴェロニカは常にカメラに向かって話しかけ、バーチャルな世界と自分の人生との境界線を曖昧にします。いつ表現が終わり、いつ「本物」になるのか。この問いに答えるのは、ミルフィーユのように、伝記作家、検察官、母親、義母など、台本が語りのレベルをいくつも重ねていくからだ。これらの物語の中で、真実ではないにせよ、誠実なものは何でしょうか。家政婦が「なぜ義母と話をするのか」と尋ねると–これが「告白」の場面だ–ベロニカは「ショーのため」と答える。自撮り写真で、彼女はショーのためだけに、演出のためだけに生きているのです。この最後の役割は、彼女にとってより困難なものです。

嫉妬深い小さなアマンダの母親として、ヴェロニカは母性との複雑な関係を持つ。その泣き声が映画のサウンドトラックの一部となっている赤ちゃんは、スポットライトと夫の愛を奪うが、有名な口紅ブランドのキャスティングコールを勝ち取るために必要な200万人のフォロワーを獲得するための「小道具」としても利用されることになる。彼女の夢は、サンティアゴのビルのタワーに彼女の巨大な肖像画を飾ること、そしてメディアが2ビートの夢を売る消費主義のチリを描くことである。これがこの映画の糸です。ネットワーク上の投稿形式に合わせて短いシーケンスショットで構成されており、疲れるほどの演出の偏りがある。この映画は、ラ・ベロニカの性格と、見られたい、有名になりたいという欲求を満たすためにどこまでやるかを徐々に明らかにする。

「思えば、生きず 」

色彩が鮮やかである。夫の社会的成功の象徴である、若い女性たちが撃ち合う、とてもとても青いプールが、この映像装置の中心にあるのです。水辺でラ・ベロニカが講釈を垂れる。「知れば知るほど、考えれば考えるほど、生きられなくなる……」と。それで、楽しめないんですね。人が写真を見るとき、あなたを通して人生を楽しんでいるのだから、それを楽しんでいる姿を見たいと思うのです。そして、「バカであることも精神的なものだから」と、バカに見えることを仲間に勧めている。しかし、ラ・ベロニカは、その空虚な笑顔から想像されるような馬鹿者とは程遠い。ソーシャルネットワークとセレブリティメディアがペースを握るチリで、サッカー選手の夫と同じように慎ましい生活を送る少女は、社会的成功のレンガをひとつひとつ積み上げていく。

サン・セバスチャン(ラテン系映画祭)、ビアリッツ、ハバナなどの映画祭に出品され、賞を獲得したこの作品は、主にマリアナ・ディ・ジローラモの肩にかかっている。パブロ・ラライン監督の『Ema』でその顔を知られるようになったチリ人女優の演技は、すでに難しい母親の役であったが、賞賛に値するものであり、最近ではアルテで放送されたシリーズ『The Pack (La jauria by Lucia Puenzo)』で再びその顔を見せた。甥っ子たちのために、アニメの3人のキャラクターの音声を担当するシークエンスでは、驚くほど台詞をつなぎ合わせるなど、驚くほど造形的な表現と音声効果で勝負しているのだ。もし、映画が吹き替え版で公開されるなら、制作側はこの効果をどのようにレンダリングすればいいのでしょうか?実に魅力的だ。

メールマガジン購読
レオナルド・メデル監督『La Veronica』、フランスで8月17日公開:ベロニカ・ララの暗部、幼いカミラの不審死に対する検察の捜査 © Moonlight Films
レオナルド・メデル監督『La Veronica』、フランスで8月17日公開:ベロニカ・ララの暗部、幼いカミラの不審死に対する検察の捜査 © Moonlight Films

https://www.rfi.fr/fr/amériques/20220816-cinéma-la-veronica-du-chilien-leonardo-medel-tout-pour-le-show

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks