パリの美術館で破壊されたスイスの芸術家による物議を醸す絵画

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は月曜日、パリのパレ・ド・トーキョーで展示されているスイスの芸術家ミリアム・カーンの物議を醸す絵画が日曜日にスプレー塗料で塗られた後、「破壊行為」を非難した。

「作品を攻撃することは、私たちの価値観に対する攻撃です。フランスでは、芸術は常に自由であり、文化的創造の尊重が保証されている」とマクロン大統領は月曜日に述べた。

パレ・ド・東京近代美術館は、男が紫色の絵の具を投げてミリアム・カーンの作品を「故意に劣化させた」と述べ、財産への損害と表現の自由の妨害について苦情を申し立てるだろうと付け加えた。

高齢者として説明されたその男は「絵に描かれた子供と大人の性的描写に不満」だったが、どの活動家グループとも提携していないようだった。

2月中旬から展示されている「Fuck abstraction!」と題された絵は、背中の後ろに手を縛られた人が、顔のない強力な男にオーラルセックスを余儀なくされていることを示しています。

批評家は、絵の被害者は子供を描いていると言ったが、カーンは否定した。

「彼らは子供ではない」とカーンは主張した。「この絵は、セクシュアリティが戦争の武器として、人道に対する犯罪として使用される方法を扱っている」と彼女は3月に博物館が発表した声明で述べた。

いくつかの子どもの権利団体は、この絵を児童ポルノとして非難し、撤回を求めた。

しかし、それを削除するための彼らの入札は、フランスの裁判所で拒否されました。

物議を醸す絵画

リマ・アブドゥル・マラク文化相は声明の中で、この文脈で提示されたアートワークは、司法制度によって一般に提示されることが承認されたと述べた。

「ナショナルラリー(RN)はこの絵を使って論争を巻き起こし、アーティストの創造的な自由を攻撃した」と、3月にRN議員のキャロライン・パルメンティエによってこの問題について質問された大臣は言った。「RNによるこの道具化がなければ、私たちは確かにこの点に到達しなかっただろう」と彼女は付け加えた。

「この論争の極端な結果を残念に思う」と、「すべての観客に対する熱意、意識、責任を持って芸術を支援する」ことを目的としたパレ・ド・トーキョーの社長であるギヨーム・デサンジは言った。

「アーティストと合意して、パレ・ド・トーキョンは、8万人の来場者を集めた絵画と博覧会を発表し続け、「5月14日のシーズンの終わりまで被害の痕跡がある」と声明で述べた。

フランスの最高行政裁判所である国家評議会は、4月に絵を取り下げるための法的入札を却下した。

絵画が「詳細な文脈情報を伴って」アートギャラリーで展示されていたことを考えると、それは真剣にまたは明らかに違法に子供の最善の利益や人間の尊厳を害するものではない」と裁定した。

(ワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/culture/20230508-controversial-painting-by-swiss-artist-miriam-cahn-vandalised-at-paris-museum-palais-de-tokyo

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks