フランス:ダンケルクに電気電池のメガ工場が新設される

フランスでは、国の北部に電気電池用の新しいメガファクトリーが作られます。固体バッテリーのスペシャリストである台湾の産業グループPrologiumは、新しい生産拠点を設立するためにダンケルクを選択しました。このプロジェクトは、自動車部門にとってますます魅力的になっている分野で、50億ユーロ以上の投資を表すはずです。

この新しいメガファクトリーをホストするためにドイツ、イギリス、ポーランドと競争して、フランスはついにうまくいった。台湾のグループPrologiumは、ダンケルク港に生産拠点を設置すべきだ。

新しい電池

目標は、2026年までに年間50万台から75万台の車両を装備するための固体電気電池を生産することです。現在のモデルよりも自律性があり、耐久性があり、安全なこれらの新しいバッテリーは、電気自動車のエコシステムに革命を起こしたいと考えています。

最終的には、50億ユーロの投資に相当するこのプロジェクトは、3,000以上の直接雇用の創出を可能にする可能性があります。フランスのACCとVerkorと中国のEnvisionの後、Prologiumはオー・ド・フランスでスーツケースを置く4番目の電気バッテリー会社になります。

「エレクトロモビリティの谷」

「エレクトロモビリティの谷」と呼ばれるこの地域には、多くの資産があります。ヨーロッパの主要自動車メーカーからそれほど遠くない場所にあり、多くの下請け業者が集中しています。合計で、これらの異なるプロジェクトを通じて8,500のポジションを作成する必要があります。エマニュエル・マクロンは、この新しい工場の建設を正式化するためにダンケルクに行くことを計画していることに留意すべきである。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20230510-france-une-nouvelle-méga-usine-de-batteries-électriques-s-installera-à-dunkerque

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1699
Enable Notifications OK No thanks