Debout sur le zincは、「L'Importance de l'hiver」というタイトルのロック・フォークアルバムを提供しています。

亜鉛の上に立つ、歌と人生(Interview)

このグループは、25年間で多くの旅をし、何十枚ものレコードを作ってきました。Debout sur le zincは、L’important de l’hiverを出版し、ロックとフォークの間の曲を掘り下げています。2020年の春、フランスでの最初の監禁の際に開始されたこのアルバムは、老齢、肉体的な愛、そしてもっと一般的には、存在の塩梅を決めるすべてのものを呼び起こします。このバンドの2人のソングライターのうちの1人、ヴァイオリニスト兼シンガーのSimon Mimounのインタビュー。

RFI Musique: ニューアルバムのタイトルである「L’important de l’hiver」は、あなたにとってどのような意味を持っていますか?
Simon Mimoun:最初は、冬の力、どうしようもないもの、繰り返されるこのサイクルでした。私たちは、自分を取り巻くサイクルに注意を払わない。私たちはそれらを必要なものではなく、制約と考えています。頭を上げれば、制約があっても、困難があっても、時間が進んでいても、なんとか評価することができ、必ずしも嫌なことではないことがわかります。冬の後ろには老齢があり、人生のあらゆる局面が重要であることを教えてくれます。私は、歌以外では表現できないことを、潜在意識に語らせるようにしています。

タイトル曲のリフレインでは、「目覚めよ、自分の声を聞かせよう/すべての偽りの戦いからの解放/希望は冷めてから食べるのが一番の料理/証拠は私たちに指示するためにあるのではない。 この文章には生命の衝動がある…。
そう、生命の衝動があるのです 私の歌は呪文であり、敬虔な願いであり、世俗的な祈りである。それは、私に出口を与えてくれるものであり、また、人々にも出口を与えてくれるものでありたいと思っています。私たちは観察から始めます。私は喜怒哀楽の激しい悲観主義者ですが、人生の実体を得るために毎日戦っています。生きている間に自分を埋めることに疑問はない。希望は冷めてから食べるもの、これは私が生きたいと思っている老後です。

Passe me voirでは、老齢の話をしていますが、この人生の年齢に自分を投影していますね。
この曲では自分のことは話しません。他の地域に比べて、ここでは年をとるのが難しいという事実から出発しています。年を取った人の居場所がない。私が自分自身に問いかけているのは、自分自身を少しでも映し出すために、どうして利他的になれないのかということです。自分の人生を人のために捧げるということは、誰にでもできることではありません。自分自身のためにも、何を与えることができるかを自問する必要があります。この曲は、コートジボワール人の友人との話し合いで生まれました。ツアーで高速道路をトラックで走っているときに、「自由に動けるのがいいね!」と言われました。どこに行っても逮捕されることはないし、バクシェイシュを渡す必要もない」。ここに6ヶ月、コートジボワールに6ヶ月いて、彼は素晴らしいと思った。そして、現地の様子を教えてくれる。彼は、昔の父親たちの評価は高く、彼らを手放すことは一瞬たりとも考えられないと言う。しばらくすると、よく生きたと思われるようになり、残りの人生を担わなければならなくなる。フランスでは子供時代を重視していますが、両方の要素があっても悪くないと思います。

フランス大統領選挙まであと1年を切りました。私たちが経験している政治的なエピソードを喚起するテキストがありますが、それは「La bête」です。つまり、ナショナルラリーです。私たちは、この極右政党や政治的フリンジ全体に対して、あなたが無力であると感じています…。
この曲は切ないパッション! Debout sur le zinc』のもう一人の作詞者であるRomain(Sassigneux、編集部注)が書いたものです。それは、自分自身の中で対処しなければならない、人に説明しなければならない、ある種の内面的な葛藤のことです。スモールステップとは、そういうことだと思います。切っても切れない関係です。人々と話をしていると、彼らがどのように考えているのか、棄権しているのか、そして常に失望した希望を持っているのかを見ると、警戒しなければなりません。政治の話をするとすれば、私は地方の民主主義を信じています。こんなにたくさんの人がいるのに、本当の民主主義を想像するのは難しいですね。失敗や失望を運命づけられているものはたくさんあります。私は、失望こそが有害であると思います。

Debout sur le zincでは、パーティーシーンにも愛着が湧きましたね。使っている楽器は、一般的なものとは異なります。バイオリンの他にコントラバス、アコーディオン、バンジョーなどがありますね。
そう、私たちはDebout sur le Zincと呼ばれていて、それが汚い言葉にならないようにお祭り騒ぎの音楽を作っているのは事実です。 楽器は反抗期だった。私たちは、1980年代末から1990年代にかけて、エレクトロやシンセサイザーがたくさん使われていた時代の出身です。私たちからすると、木と何か人間が出てくる曲はもう聴けないと思いました。いつでもどこでも、電気がなくても演奏できるようにしたかったのです。私たちが愛してやまない音楽は民族音楽で、最初から伝統的な音楽が大好きです。バンジョーを演奏するオリビエとは、「Debout sur le zinc」の前にブルトンやアイルランドの音楽を演奏するグループを組んでいました。東欧のユダヤ人の音楽であるクレズマー音楽をやりました。当然、ジプシー音楽にたどり着きました。私の父はブラックフットのユダヤ人なので、アルジェリアや東洋の音楽が大好きです。そして、私たちはフランスのシャンソンにどっぷり浸かっているので、フランスのフォークのようなものをやっていると思います。

シェアしよう!