ジェレミー・マクスウェル・ウィントレバートは芸術と美術工芸品を融合させ、彼の息は物質を生み出します

2022年は国際ガラス年です。100%の創造は、ガラスブロワーアーティストにエピソードを捧げます:ジェレミー・マクスウェル・ウィントレバート。このフランス系アメリカ人のアーティストは、詩的な力と技術的な複雑さを持つ作品を制作しています。彼の作品は旅であり、物質との対話であり、この芸術家にとって生きた物質です。その好ましい地形:溶融ガラス。

彼の彫刻は、とりわけ、イギリス、スイス、ドイツ、フランス北部のムスヴェレの博物館や個人コレクションで展示されています。

創造は、すべてを横切る振動であり、すべての源です

ジェレミー・マクスウェル・ウィントレバート、アーティスト、ガラスブロワー

「芸術は、アーティストとして、振動であり、私を非常に活気づける周波数であり、ガラスを通して研究者として、私は創造が何であるかを疑問に思うだけです。孤児として、私は自分自身を見つけたり、自分自身を正当化したり、自分自身を再現したりしたいという喉の渇きがあります。なぜなら、私も創造物でできていますが、私の創造は若い頃に消えました。それは私の人生に大きな空白を残したと思います。」

JEREMY MAXWELL WINTREBERT STUDIO - © Marionsaupin.com
JEREMY MAXWELL WINTREBERT STUDIO – © Marionsaupin.com

パリで生まれたジェレミー・マクスウェル・ウィントレベールは、ガボン、カメルーン、コートジボワールで育ちました。14歳の時、彼は両親の死の間にアフリカとの暴力的な別れを経験した。この大きなトラウマの後、彼は知らない文化と社会規範を持つ未知の国で兄と一緒にパリに戻った。学士号を取得した後、彼はアメリカに行きました。奇妙な仕事から奇妙な仕事まで、彼はガラス職人と一緒にブローワークショップで働いています。彼は18歳でアメリカ、イタリア、チェコ共和国の様々なワークショップで見習いを始めた。このフランス系アメリカ人のアーティストがパリでワークショップを設立したのは2015年で、彼はチームで働き、このミレニアル世代のノウハウ、常に材料の重力、動き、温度で遊ぶこの吹きガラスの伝統を伝えるのが好きです。

JMW STUDIO Marionsaupin.com
JMW STUDIO Marionsaupin.com

「私は死体に触れるという経験をしました。死体は冷たい。どこかで、生命を熱として定義しています。私は動いている主題に取り組み、それは絶対に狂った熱を発し、その周りにあるものに反応し、私のジェスチャーに反応します。私にとって、この問題は生きていて、私たちの小さな存在よりもはるかに古く、時代を超越した意識とメッセージを運ぶ問題です。ガラスは宇宙の一部であるシリカでできています。私にとって、鉱物は宇宙物質です。小惑星は、永遠の宇宙の旅を通して鍛造された鉄の塊ですが、この分子構造のDNAには、必然的にメッセージがあります。」

ジェレミー・マクスウェル・ウィントレベール、グラビティ・リップルズ・ターミナルG020、2022年、MusVerreで。© マリア・アフォンソ
ジェレミー・マクスウェル・ウィントレベール、グラビティ・リップルズ・ターミナルG020、2022年、MusVerreで。© マリア・アフォンソ

彼のノウハウの伝達は、ジェレミー・マクスウェル・ウィントレバートにとって選択肢ではありません

「自分の職業を尊重するすべての職人は、何世紀にもわたって、何千年も、戦争、病気、国境を経てきたノウハウの伝達のおかげで存在するので、伝達に敬意を払う義務があります。なぜ私はそんなに働くのですか?これは、吹きガラスの周りに他のガラスメーカーを収容するために他のワークショップを作りたいからです。それはまれで、困難で、貧しい職業になっています。送信に加えて、私はこの職業を少し拡大しようとしています。」

ジェレミー・マクスウェル・ウィントレバートは芸術と美術工芸品を融合させ、彼の息は物質を生み出します – powered by Happy Scribe

RFI 100%クリエーション・セシル・コンパニー・マリア・アフォンソ。

2022年は国際ガラス年です。100%クリエイションズでは、あるガラス職人のエピソードを紹介しています。ジェレミー・マックスウェル B. 詩的な力と技術的な複雑さを併せ持つ作品を制作するフランス系アメリカ人アーティスト。彼の作品は旅であり、このアーティストにとって生きている素材との対話である。好きな分野は、溶けたガラス。彼の彫刻作品は、イギリス、スイス、ドイツ、北フランスのヴェール美術館などの美術館や、個人のコレクションに所蔵されている。

創造とは、すべてのものを貫く波動であり、すべてのものの源なのです。

Jeremy Maxwell 20 ロバート・アーティスト、グラスブローワー。

アーティストとしてのクリエーションは振動であり、私を大いに活気づける周波数です。ガラス越しの研究者として、私はクリエーションとは何かを問いかけに行きます。しかし、私の創造物である私は若い頃に消えてしまい、私の人生には大きな空白ができたと思います。だから、私もクリエーションとはそういう関係なんだと思います。

パリで生まれ、ガボン、カメルーン、コートジボワールで育つ。14歳の時、両親を亡くし、アフリカとの激しい断絶を経験する。この大きなトラウマの後、彼は兄とともに、文化も社会規範も知らない未知の国、パリに戻ったのです。バカロレア取得後、アメリカに渡り、さまざまな雑用をこなした。ガラス職人のもとで吹きガラス工房で働き、18歳からアメリカ、イタリア、チェコのさまざまな工房で修行を積む。2015年、このフランス系アメリカ人のアーティストはパリに工房を構えた。彼はチームで仕事をすることを好み、この千年のノウハウ、重力、動き、素材の温度と常に戯れるガラス吹きという伝統を伝えているのです。

私は今までの人生で、死体、つまり冷たい死体に触れることで、何となく生を定義するような体験をしてきました。多くの場合、それは熱です。私は、動き回り、狂おしいほどの熱を放ち、周囲のものに反応し、私のジェスチャーに反応するような素材を扱っています。そして、自分にとっていろいろなことがあります。生きている素材ですが、その生き方は抽象的で、有機的な生き方ではなく、宇宙的な生き方と言えるかもしれません。それは、私たちの小さな存在よりもずっと古く、ずっと時代を超えた意識とメッセージを伝える素材なのかもしれない。ガラスはシリカからできており、宇宙の構成要素である物質です。結局、物質は宇宙を構成するものなのです。しかし、原則として、私にとっては、鉱物は宇宙的な問題なのです。木や動物が走っている地球に小惑星が着地することは想像できないでしょう。一般的には、永遠の宇宙の旅を経て鍛え上げられた鉄の塊ですが、その分子構造のDNAには、宇宙を作る上で必要不可欠なものが含まれています。

メッセージがあるはずです。

ジェレミー・マックスウェルは、自分の知識を伝えるという選択肢は持っていない。

しかし、自分の職業を尊重する職人は、知識の伝達に敬意を払う義務がある。なぜなら、知識は、何世紀、何千年をも越え、戦争を越え、病気や国境を越えて、そこに到達したノウハウの伝達のおかげで存在しているのだから。なぜそんなに頑張るのか、なぜそんなに展覧会をやりたいのか、とよく聞かれます。それは、他の工房を作るための十分な仕事があり、他の工房が他のガラス職人を迎え入れ、吹きガラスが希少で困難で貧しい職業になりつつあるこのエネルギーに対抗するためなのです。そこで、トランスミッションに加えて、ちょっとした拡張性を持たせるように工夫することで、問題を解決しています。

rfi frで、あなたのお父さん、Jérémie Maxwellの世界を発見してください。100%作成、ポッドキャストで。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/100-création/20221225-jeremy-maxwell-wintrebert-fusionne-l-art-et-l-artisanat-d-art-son-souffle-crée-la-matière

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1702
Enable Notifications OK No thanks