AntenneFrance n.445 白い証書でパリの電力18年分を省エネ

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________ISSN_1881-2597_n.445
  S O M M A I R E  2009/6/30
  □白い証書でパリの電力18年分を省エネ

___________________________________________

◆◆環境月間特集
◆◆白い証書でパリの電力18年分を省エネ
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 フランスではある制度が大成功をおさめ、パリの住民の電力消費量18年分の
 省エネにつながったという。
 
 そのある制度というのが、2006年に導入されたエネルギー効率化証書制度
 で、その名を白い証書(certificatsblancs)とも呼ばれる。政府の定めた
 省エネ目標が、電力、ガス会社などのエネルギー供給企業に課せられるが、
 その量は2006〜2009年に54.7TWhのエネルギーを削減することとされてい
 る。
 
 しかし、エネルギー会社が必ずしも目標を達成できるとは限らない。目標を
 達成できなかった企業は目標に足りない分を目標を達成した余裕のある企業
 から買い取ることができる。そのときに証書が利用できるというわけだ。
 
 2006年に導入されてから、600億kWh以上の省エネが可能になり、これは、フ
 ランスにある建物の年間エネルギー消費量の15%、または、パリ住民の電力
 消費量18年分に相当するという。
 
 大成功をうけて手放しで喜ぶわけではないところがえらいところ。2009年に
 はより高い目標を設定することとなっており、年間目標を100TWh以上に引き
 上げ(これまでは、年間18TWh)、さらに制度を強化する。
 
 これまでは、エネルギー効率化の大部分は、熱効率を上げる暖房工事や断熱
 工事によるもので(全体の90%以上)、ほとんどが住宅部門での対策による
 (95%)ものだったが、今後は運輸部門での省エネ教化を予定している。
 
 この制度からもわかるが、目標を達成するためには、それができなかったと
 きのペナルティがあってはじめてどの企業もやる気になるようだ。
 
 フランスに続け、というのは単純すぎるけれど、先進諸国の義務としてCO2
 排出量の削減について学ぶものは大きい。ホントは、一度汚してしまった地
 球を元に戻すのに国の垣根なんてないのだけれど。

◆◆フランス語脳を作り上げるエクタリウムシリーズから
◆◆「環境」をテーマにしたスペシャル版が登場!!
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
専門用語を身に付ければ会話に自信がもてること間違いなし

●こんな方にぴったりです

▼仕事・留学など目的意識の明確な方
 エクタリウムシリーズが選ばれる理由は、何と言ってもその学習方法にあり
 ます。短い文章を繰り返し聞き、論理的に長い文章を理解できるよう脳の仕
 組みを構築していくのです。論理的な思考能力を鍛えておけば、仕事や留学
 などの場でも役に立つこと間違いなしです。

▼環境問題に興味のある方
 環境について関心を持つことは今や国際人としての常識となっています。エ
 クタリウム・エコではフランス語で環境問題について知識を身に付けること
 ができるので、国際人のあなたにとって最適の学習ツールでしょう。

<こんな事実をご存知ですか?>
 ・西洋人の観光客が地中海沿岸の国にすれば、希少な水資源が何リットルも
  消費されること
 ・人類の四分の一が消費者階級に属していること
 ・米国においては自家用車の台数の方が、免許所持者よりも多いこと
(エクタリウム・エコより文章を抜粋。フランス語訳も掲載されています。)

▼会話に自信を持ちたい方
 最初は環境にまつわる専門用語が難しく感じるかもしれません。ですが、一
 つの分野に絞ってボキャブラリーが増えることで、「環境」については自信
 をもって語れるようになります。何となく日常会話ならOK、何となく
 ニュースが聞き取れるレベルから「環境については話せるし、聞き取れる」
 となることで、会話にぐーんと自信が出て、あらゆる分野を語るステップ
 アップにつながるのです。

 フランスメディアショップ
 http://www.france.tc/

 新しいシステムが稼働しました。試験運転中に付きバーゲン中!
 http://www.france.gr.jp/
 http://www.chouette.de/

◇◇France Journal___________________________◇
◇ 
  まぐまぐプレミアムでは毎週フランス最新情報を配信中!
  今!パリで話題のスポットやフランス人が話題にする社会ネタなどをリアル
  タイムに伝えます。

 フランスジャーナル 最近の記事
  ★レストランへの消費税軽減決まる
  ★新型インフルエンザ、各国の対応に温度差あり
  ★便利なパリ、グランパリ計画
  ★相次ぐ社長の監禁事件
 毎週フランスの気になるニュースを忙しい人のために簡潔にお届けします。

◇◇フランス関連サイト_________________________◇

 □フランスメディアショップ
   フランスDVDマガジン「LaFrance.TV」、革新的フランス語教材「早聞き時
   事フランス語」「Ecoutarium」「CleClaire」の販売

 □Paris.CD
   フレンチポップスの情報サイトへリニューアル中
   バイオグラフィー翻訳プロジェクト翻訳ボランティアも募集中!

◇◇著作権について___________________________◇

  全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
  掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
  られています。
  ISSN:1881-2597
  発行:AntenneFrance(アンテンヌフランス|東京都港区)
  ■1997-2009 AntenneFrance, All Rights Reserved.

◇◇アンテンヌフランスについて_____________________◇

  まぐまぐ認定「殿堂入りメルマガ」「草分けメルマガ【地域の情報】」のメー
  ルマガジンAntenneFranceは1994年からホームページ・メールマガジンでフラ
  ンスの情報を提供してきました。現在はNPO法人となり様々なフランスの情報
  を発信しています。
  記事に関して   
  ホームページ   
  ホームページでは過去の記事を閲覧・検索できます。

◇◇協賛・提携募集___________________________◇

  アンテンヌフランスの活動は会員の会費や寄付金などで運営されております。

  フランス・コミュニティーをサポートしていただける企業・お店を募集して
  います。

◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、いくつかの方式で発行されています。
  まぐまぐ   
  Melma     
  BIGLOBE    
  ※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
  ※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。

┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010-10-31

    長寿大国は日本?フランス?

    世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  2. 2009-12-4

    フランスの犬事情

    フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  3. 2011-1-31

    フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  4. 2009-8-7

    フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  5. 2010-3-12

    フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  6. 2009-12-2

    携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  7. 2010-3-2

    フランス核実験で人体実験も、、、

    しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
ページ上部へ戻る