AntenneFrance n.476 カトリーヌ・ドヌーヴ 記者会見

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________ISSN_1881-2597_n.476
  S O M M A I R E  2010/2/28
  □カトリーヌ・ドヌーヴ 記者会見

___________________________________________

◆◆[email protected]
◆◆カトリーヌ・ドヌーヴ 記者会見
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 先日お伝えしたカトリーヌ・ドヌーヴの記者会見、Twitterでも流していた
 とおり、まあ何とか開始できましたが、ポジションが悪く映像は全然ダメで
 した。次回への反省点としましょう。こちらの画面では、Twiterの返信が多
 分リアルタイムで届くので、この機能を使って質問してもらいたい内容など
 を受け付けることも可能だと思います。
 
 今回のイベントはFemmes @ Tokyoという国際女性の日に関連して開催されて
 います。東京マラソンがあり、津波も来る中、フランスからはカトリーヌ・
 ドヌーヴも来日しました。さすがに名が知られているせいか、プレスが多く
 取材に訪れていました。今回の来日は、このイベントで上映されている「隠
 された日記〜母たち、娘たち〜」に出演しているからです。公開は今年の秋
 に予定されています。
 
 先日の記者会見(1)でも同じだったのですが、女性団体らしき人などもいる
 ようで、女性の権利とか社会的進出に関して造詣が深い人も多い感じがしま
 した。ただ、現実は多くの女性が、そう思っていないことで、女性の方が
 チョイスが多い反面、価値観も多様で、こちらの利益が、あちらの利益に反
 するという事も多いわけです。
 
 都会、郊外、地方都市、田舎など、住んでいる場所によって、事情は大きく
 違うだろうし、仕事の内容、大企業や中小企業、価値観、個人の体力など、
 様々な事情によって、女性の働く環境も考えも全く違います。他の記者と
 ちょっと立ち話をした感じでは、この会場では社会で活躍する女性をイメー
 ジしている人が多いようでした。
 
 現在では、多くの女性が高校や大学などを卒業後、何らかの仕事をして、結
 婚を機に退職する場合こともあるけれど、多くは仕事を続けて、妊娠や出産
 後も働き続ける人も多いようです。特に東京ではその傾向が顕著ですが、必
 ずしも好んで働いていると言うよりも、お金のためという人が結構多いよう
 です。
 
 これは男性も同じようで、昔の人は子供は女性が育てるものという感覚が捨
 てきれないようですが、土日に幼児向けの施設に行くと男性でいっぱいにな
 る事も多く、男性が子育てに参加していないとか、してくれないという話
 は、そういう人もいるかもしれないけれど、むしろ現代的ではないと言える
 でしょう。
 
 女性も男性も会社が大企業であれば、育児休暇が取れ、実際に第一線で働い
 ていた男性でも4ヶ月も育児休暇を取っている例も少なくないのですが、中
 小企業となるとなかなか難しいようです。しかし仕事で女性が活躍するとな
 ると、女性社長など、経営者であれば全く男女差は無いか、業種によっては
 むしろ得という場合もあるし、外資系だったり海外と関係ある会社では、女
 性上位な所は沢山あります。しかしこういう所は中小企業が多いのです。
 
 大雑把に言えば、出産などを考えると会社の制度的には大企業の方が有利だ
 けれど、仕事に関する地位という面では中小企業の方が有利というなかなか
 難しい選択があります。
 
 更に、出産後仕事をするために子供を預けて面倒を見てもらうという点で
 も、様々な問題点があります。地方都市などでは、子供を預けてまで仕事を
 する必要がないという人がいるでしょうし、都会なら、預ける保育園は定員
 いっぱいで入園させるには至難の業となっています。さらに、料金が高くし
 かも環境は悪い無認可の保育園にでも入れていないと認可保育園には入れな
 いという自治体も平然としています。
 
 ここまでひどいのは日本の行政の問題点ですが、カトリーヌ・ドヌーヴはこ
 ういう点は、女優であり収入も多かったし、他に預けれる人もいて、協力も
 あったし、仕事も365日あるわけではなくて、ラッキーだったと言っていま
 す。
 
 確かに、仕事と子育てを両立しているサラリーマンの女性とは訳が違いま
 す。フランスでも、子育てのために仕事はパートタイムにしたり、止めてい
 く人も多くいます。従来の仕事をパートタイムや時短などで正社員として働
 いたりすることなど、日本でも会社または同僚の理解を得にくかったり、会
 社の事情で不可能という場合もあるでしょう。
 
 また本人は良くても子供はどう感じるのかは別の話です。日本では子供には
 母親が絶対必要という価値観があり、離婚の時も母親に着いていく子供が大
 半だったり、こんな事もあって、先日お伝えした日本がハーグ条約(2)に加
 盟していない理由でもあります。女優の子供だったら母親が家にいる時間が
 少なくても誇りを持っていられるかもしれませんが、他の職業だったらそう
 思わないかもしれません。
 
 古いフェミニストの中には、対男性社会として捉えている人が多いのです
 が、現在、特に制度の狭間にいる世代にとっては、むしろ多種多様なワーキ
 ングスタイルに会社や社会がどう対応してもらえるのかが一番切実な問題と
 なっているようです。
 
 ところで、カトリーヌ・ドヌーヴは大女優ですが、現実的なことがよく分
 かっている人で、時々日本の記者のインタビューに答えると、映画の作品の
 哲学的な部分に突っ込んだ質問をぶつけてきて、それに真剣に答えてしまう
 監督や俳優が多いのですが、これは作品上の話ときっぱり分けて話します
 し、自分が一般の女性と比べて特別な状況で、働きながら子育てをする女性
 にエールを送っていました。

1)[email protected](ファム・アット・東京)国際女性の日イニシアティヴ
http://www.antennefrance.com/wp/lY

2)国際的な親による子の奪取に関する共同声明
http://www.antennefrance.com/wp/ly

◆◆フランスメディアショップ
◆◆Ecoutarium Mode 新登場
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 フランスと言えば世界のファッションをリードする国といっても過言ではな
 いでしょう。Ecoutariumシリーズ第3弾はファッション関係の記事を幅広く
 集め、ファッション関連で渡仏する方や興味のある方に最適な初中級者向け
 のフランス教材です。ファッション関係のフランス雑誌や資料など読んだ
 り、フランス発信の情報により近くなるでしょう。

フランス語学習も準備運動をしっかりと
 CleClaireで好評だったオートナビゲーションシステムをEcoutarium Modeで
 も採用。テキストを使わず音声ナビゲーションで、ゆっくり着実にトレーニ
 ングできます。外国語をマスターするには、その言葉に慣れていかなければ
 なりません。つまり、それは脳の中にフランス語を処理する部分を作って行
 くことです。一度作られれば、フランス語をフランス語のまま理解出来るよ
 うになります。
 
 その第一段階として、まだ未発達な脳の状態に合わせた速度から、じっくり
 理解しながら脳を鍛えて行きます。言葉は口に出すとよりはっきり記憶に残
 ります。脳と口の筋トレで、神経伝達経路を強固な物にします。

▼エクタリウム・オフィシャルサイト
http://www.ecoutarium.com/

エクタリウム・システム
 エクタリウムはフランス語を文節毎に区切り聞くことで、フランス語の語順
 で理解していくようにトレーニングを行います。エクタリウム・モードで
 は、繰り返し練習しやすいように収録順序を少し変更し、テキストなしでも
 学習出来るようにオートナビゲーションシステムを取り入れました。

▼フランスメディアショップ
 http://www.france.tc/

◇◇France Journal___________________________◇
◇ 
  まぐまぐプレミアムでは毎週フランス最新情報を配信中!
  今!パリで話題のスポットやフランス人が話題にする社会ネタなどをリアル
  タイムに伝えます。

 フランスジャーナル 最近の記事
  ★レストランへの消費税軽減決まる
  ★新型インフルエンザ、各国の対応に温度差あり
  ★便利なパリ、グランパリ計画
  ★相次ぐ社長の監禁事件
 毎週フランスの気になるニュースを忙しい人のために簡潔にお届けします。

◇◇フランス関連サイト_________________________◇

 □フランスメディアショップ
   フランスDVDマガジン「LaFrance.TV」、革新的フランス語教材「早聞き時
   事フランス語」「Ecoutarium」「CleClaire」の販売

 □Paris.CD
   フレンチポップスの情報サイトへリニューアル中
   バイオグラフィー翻訳プロジェクト翻訳ボランティアも募集中!

◇◇著作権について___________________________◇

  全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
  掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
  られています。
  ISSN:1881-2597
  発行:AntenneFrance(アンテンヌフランス|東京都港区)
  ■1997-2010 AntenneFrance, All Rights Reserved.

◇◇アンテンヌフランスについて_____________________◇

  まぐまぐ認定「殿堂入りメルマガ」「草分けメルマガ【地域の情報】」のメー
  ルマガジンAntenneFranceは1994年からホームページ・メールマガジンでフラ
  ンスの情報を提供してきました。現在はNPO法人となり様々なフランスの情報
  を発信しています。
  記事に関して   
  ホームページ   
  ホームページでは過去の記事を閲覧・検索できます。

◇◇協賛・提携募集___________________________◇

  アンテンヌフランスの活動は会員の会費や寄付金などで運営されております。

  フランス・コミュニティーをサポートしていただける企業・お店を募集して
  います。

◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、いくつかの方式で発行されています。
  まぐまぐ   
  Melma     
  BIGLOBE    
  ※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
  ※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。

┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010/10/25

    産休延長へ
ページ上部へ戻る