AntenneFrance N.184 フランスの音楽輸出ブーム

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________________________n.184
  S O M M A I R E
  □フランスの音楽輸出ブーム
  □ Voctoire de musique 3
_______________________________________________
◆◆rfi musique
◆◆フランスの音楽輸出ブーム
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2001年1月21日 カンヌ発
  RFI Musique:Jean-Jaques Dufayet記者「France Influence」
 この日曜日MIDEMにて「France Infulence」と題され、幾つものコンサート、トー
 クショーなどが開催された。フランスの音楽の輸出規模が、フランスの映画の輸
 出規模と並ぶ8億フランとなっている現在、恐らくコンファレンスの見学者は、
 今回の式典はこの「France Infrulence」という題名からしても、フランス人にあ
 りがちな自我自賛の場、フランスのトップスターや、レコード会社の重役といっ
 たお歴々がお互いを誉めあう場となるのでは予想していたであろう。しかし、う
 れしい誤算であったことに、参加者はもっと現状を掘り下げて考えていたのであ
 る!
 1月末までフランスの音楽著作権団体SACEMの代表であるJaen-Loup Tounierは、
 オープニングスピーチにて、まさに要点をつく発言をした。彼は、彼らの海外で
 の影響に祝辞を述べる前に、まずその言葉の意味を慎重に考えるべきと警告し
 た。「(France Influenceといっても)それは、フランス音楽のことをいっている
 のか?それともここフランスで制作された音楽のことをいっているのか?」
 Tournierは米国の作詞家や編曲者が、フランスの音楽を英語にするために、おず
 おずと許可を求めてきていた古き良き時代を回想した。しかし、「C’est Si
 Bon」、「La Mer」、「La Vie en Rose」のようなクラシックソングがすぐに英語
 に訳されるような時代はとっくに終わってしまっている!フランスのクラシック
 ソングを英国やアメリカのマーケットに持ち込むという概念自体が既に消滅して
 しまっているのだ。現実を直視しよう。最後にフランスでのヒットが大西洋を超
 えて、大きなヒットとなったのは、「Comme d’Habitude」改題 My Way)で、30年
 も前のことなのだ。
 時代は変わり、既に国際マーケットが興味を持っているのは、フランスのシャン
 ソンではなく、フランスのテクノ音楽である。(French Electro/French Touch)
 最近のFrench Electroの国際的な成功を受けて、今回MIDEMに参加したフランスの
 プロデューサー達が自画自賛の騒ぎにふけっていると思うかもしれない。ところ
 が驚いたことに彼らはすべてを謙虚にうけとめているようであった。
 France Influenceの独立系プロデューサーの代表として発言したPatrick Zelnik
 は聴衆に慎重になるよう求め、現在の輸出状況はもっとよくなる可能性があった
 と主張した。Zelnikはフランスの音楽がヨーロッパ各国の市場において、20%の
 シェアをとれない理由はなく、また、Jean-LoupTournierの質問に対しては、フラ
 ンス音楽というのは必ずしもフランス語の歌詞である必要はないのではないかと
 発言した。また、最後にはフランス政府に対して、フランス音楽の海外でのプロ
 モーションのための”輸出補助」を強く求めた。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
◆◆
◆◆ Voctoire de musique 3
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
才能には年齢はない
 今年の祭典を特徴づけるのは、なんといっても最優秀アルバムと最優秀男性歌手
 の栄冠を手にしたアンリ・サルバドールでしょう。彼の年齢はなんと83歳です!
 彼のアルバム「冬の庭 Jardin d’hiver 」は、題名から受ける印象とは正反対
 に「生きる喜び」にあふれています。バッグバンドをバックに、あるいは生ギ
 ターをバックに歌う姿には、とても彼が80歳を過ぎているとは見えません。先日
 この世を去ったシャルル・トレネ、昨年最優秀外国音楽賞を受賞したセザリア・
 エボラと、オランピア劇場の支配人が語った「才能には年齢はない Le talent
 n’a pas d’age 」という言葉を実感させてくれた一夜でした(彼は3月に初め
 てオランピア劇場でリサイタルを行う予定です)。
 その他の受賞者としては、最優秀女性歌手にエレーヌ・セガラが、レゲエ・ラッ
 プ部門ではピエルポルジャックが受賞しています。新人賞を惜しくも逃したアー
 チストたち、グルーブ系のアシア Assia 、ロックのセーズ Saez 、クラブ系の
 サイアン・スパ・クルーSaian Supa Crew の今後に個人的には期待です。ぜひ聞
 いてみてください。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、8つの方式で発行されています。
  まぐまぐ   
  Melma    
  Pubzine
  マッキー!   ID:411
  メルポット   ID:0000000007
  ココデメール  ID:0300400007
  Tiara online ID:france
  emaga
  ※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
  ※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。
◇◇広告募集______________________________◇

  フランス・コミュニティーに対象に特化した広告をしませんか?
  詳しくは、[email protected]
◇◇姉妹サイト・メールマガジン_____________________◇

 □[email protected]
   フランスに関係した情報を交換する為のメーリングリストです。質問など
   マナーやルールを守ってご参加下さい。
 □フランス・ウェブリング
   日本語のフランス関係のサイトのウェブ・リングです。
   日本のフランス・コミュニティーの輪です。
 □ScreenKiss
   映画関係者のインタビュー、タイムリーな映画祭情報、ハリウッド、ロン
   ドン、パリなどの映画情報など多彩な情報を独特の視点でお届けします。
◇◇お問い合わせ____________________________◇

  記事に関して        [email protected]
  タイアップ         [email protected]
  ホームページ        http://www.antennefrance.com/
  ホームページではオリジナル・スクリーンセーバーなどをダウンロードして
  います。
◇◇著作権について___________________________◇

  全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
  掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
  られています。
  発行人・編集長 中津川 昌弘
  ■Copyrights(C), 1997-2001 AntenneFrance
┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010-3-10

    産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  2. 2010-3-30

    中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
  3. 2006-2-18

    結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  4. 2009-5-4

    便利なパリ、グランパリ計画

    フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  5. 2007-8-9

    バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  6. espace sans tabac

    2015-7-15

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  7. 2010-7-2

    フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
ページ上部へ戻る