AntenneFrance N.247 フェット・ド・ラ・ミュージック

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________________________n.247
  S O M M A I R E
  □フェット・ド・ラ・ミュージック
  □矢崎彦太郎 presente フランス音楽の彩(あや) と翳(かげ)/8月1日(金)
_______________________________________________
◆◆
◆◆フェット・ド・ラ・ミュージック
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 6月21日はフランスではフェット・ド・ラ・ミュージックの日で、街中が音楽で
 いっぱいになります。日本の夏祭りのようなもので、この日は夜中まで皆が音楽
 とともに大騒ぎするのです。いつもは何となく近所をブラブラと散歩して終わっ
 てしまう私でしたが、今年は一日かけて、色々な音楽を聴きに歩き回ってみまし
 た。
 パリのどこでどんな音楽が聴けるかは、その週の月曜日に出る「a nous Paris」
 (ア・ヌー・パリ)というパリの地下鉄の駅などに置いてある新聞に、詳しく区
 ごとに載っているので便利です。これをゲットし忘れたら、当日出る
 「liberation」(リベラシオン)を買ってプログラムをチェックすることもでき
 ます。
 今回はリュクサンブール公園でオーケストラが演奏するというので、クラシック
 音楽からスタート。ここではアマチュアのいくつかの楽団が入れ代わり午後から
 夜にかけてバッハなどを演奏していました。ステージのまわりに椅子がおかれて
 いましたが、すでにたくさんの人が来ていたので私達は立ち見でしたが、天気も
 良かった事もあり、とてもいい時間を過ごせました。
 そこから、今度はエッフェル塔の近くにある日本文化会館で日本人の方が演奏す
 るというので行ってみました。バンドは日本人、フランス人、スペイン人など多
 国籍で構成されていて、音楽もタンゴやボサノバ、シャンソンなどの要素がミッ
 クスされた独特のオリジナリティがある音楽にひきこまれてしまいました。会場
 も満員で、注目度の高さを伺わせました。
 今度は雰囲気を変えて、ストリートDJをチェックしに、エティエンヌ・マルセル
 へ。ストリート・ファッションの中心地だけあって、やはりかかっている音楽も
 テクノやハウス系の尖ったものが多く、集まって来ている若者達もおしゃれな人
 が多かったです。私達が着いた時は、ちょうどles putafragesという女の子2人
 組のDJが交代でプレイ中。音楽よりも、グリーン中心のファッションが目立ちま
 くっていた2人でした。同じストリート系でも、今度は私の大好きな60~70年代
 のソウル・ファンク系DJを求めてバスチーユへ。広場近くのBD.Richard Lenoirで
 Headohoneというチームがプレイしていました。ジャクソン5やシェリル・リーな
 ど、誰もが知っている名曲とテクノなどをアレンジした、ノリのよい選曲にいつ
 のまにか人が集まってきて、久しぶりに思いっきり踊ってしまいました。
 最後は、アルゼンチン・タンゴとエレクトリックのミックスされた音楽がフラン
 スで注目されているGottan Projectを聴きにパレ・ロワイヤルへ。ステージング
 がすばらしく、最初はスクリーンで映像を見せながらその背後で演奏が始まり、
 途中からはタンゴ・ダンサーが曲に合わせてダンスを披露したりと目がはなせな
 い演出でした。夜中の12時を過ぎてもフェット・ド・ラ・ミュージックはまだま
 だ続きます。ロックバンドの演奏や、バイオリンの調べを子守唄に、おやすみな
 さい・・・
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
◆◆
◆◆矢崎彦太郎 presente フランス音楽の彩(あや) と翳(かげ)
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    バレエ、演劇、美術、文学、etc.・・・
    矢崎彦太郎が描き出すフランス文化の息吹きと香り
    2003年8月1日(金)午後7時開演 [午後6時30分開場]
    東京オペラシティ コンサートホール
 4半世紀にわたってパリを本拠に活動を続ける首席客演指揮者・矢崎彦太郎 が、
 魅力あふれるフランス音楽の楽しさ、素晴らしさをもっと多くの方々に知ってい
 ただきたいと自らプロデュースした話題のシリーズ「フランス音楽の彩と翳」。
 フランス音楽を単に羅列するだけでなく、バレエ・演劇や美術・文学とも関連が
 密接なフランス音楽をテーマごとにプログラミングし、音楽を通してフランス文
 化全体のパースペクティヴを多角的にご紹介していきます。
 少し涼しげな夏の始まりですが、夏の夜の思い出にヨーロッパに思いをはせて過
 ごしてみるのはいかがでしょうか。
 【曲目】
  シャブリエ 狂詩曲「スペイン」
  ラロ スペイン交響曲 ニ短調 作品21
  ラヴェル 道化師の朝の歌
  ラヴェル スペイン狂詩曲
  指揮:矢崎彦太郎 ヴァイオリン:渡辺玲子
 *チケットはC席の2,000円から
 東京シティ・フィル チケットサービス
 Tel:03-5624-4002(平日10:30am~6:00pm)
 Fax: 03-5624-4114 E-mail: [email protected]
 URL:http://www.cityphil.jp/
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、8つの方式で発行されています。
  まぐまぐ   
  Melma     
  Pubzine    
  ※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
  ※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。
◇◇協賛・提携募集___________________________◇

  フランス・コミュニティーをサポートしていただける企業・お店を募集して
  います。詳しくは、 へ
◇◇AntenneFranceの活動 ________________________◇

 □ClubAntenneFrance
   会員制のフランス・クラブです。フランス関連のお店や商品を割引サービ
   スや特別編集の会報誌+DVDが購読できます。
 □rfi musique
   フランス国営国際放送(rfi)のフレンチポップス専門FM局を日本向けにイン
   ターネットでの放送しています。24時間フランスから放送中!
 □Paris Blanche
   
   毎日新聞のウェブサイトで掲載されているフランスファッションの記事
 □フランス・ウェブリング
   日本語のフランス関係のサイトのウェブ・リングです。
   日本のフランス・コミュニティーの輪です。
 □L’HEXAGONE
   フランス関連専門の検索エンジンです。フランス関連のホームページやノ
   ウハウなどを検索できます。
 □[email protected]
   フランスに関係した情報を交換する為のメーリングリストです。質問など
   マナーやルールを守ってご参加下さい。
◇◇お問い合わせ____________________________◇

  記事に関して   
  タイアップ    
  ホームページ   
  ホームページではオリジナル・スクリーンセーバーなどをダウンロードして
  います。
◇◇著作権について___________________________◇

  全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
  掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
  られています。
  発行:特定非営利活動法人AntenneFrance(アンテンヌフランス)
  ■1997-2002 AntenneFrance, All Rights Reserved.
┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る