AntenneFrance N.270 団長エマニュエル・ベアール 記者会見レポート

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________________________n.270
  S O M M A I R E
 【速報 フランス映画祭】
  □団長エマニュエル・ベアール 記者会見レポート
  □スターは俺だ!
  □ワイルド・サイド
_______________________________________________
◆◆
◆◆団長エマニュエル・ベアール 記者会見レポート
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 フランス映画祭横浜2004の開催にあたり、開催初日の6月16日(水)にフラン
 ス大使公邸にて記者会見が行われた。迎えられたのは、横浜市芸術文化振興財
 団斎藤龍氏、ユニフランス会長マルガネート・ネレゴーズ、駐日フランス大使
 ベルナール・ド・モンフェラン、フランス代表団団長エマニュエル・ベアール
 だ。
 まず駐日大使が「映画を観ると、その独自の国柄を知ることができる。この映
 画祭は、日本とフランスの双方の文化を知るかけはしとなるでしょう」と挨拶。
 関係者に対する感謝と敬意を示し、今年初めての観客賞が誕生することについ
 て述べた。鑑賞後にアンケート用紙が配られ、ゲストに別所哲也さんを招きな
 がら、最終日のクロージングセレモニーで発表される。観客の意見がそのまま
 反映されることで、より交流が密になることをアピールした。
 そして、注目すべきは世界的大スターでもある団長のエマニュエル・ベアール。
 「私は女優なのに、少しあがってしまうのです。」と親しみを感じさせながら、
 「いろんな国に訪れますが、日本のように温かく迎えてくれる国はありません。
 記者の方も知的好奇心に溢れていて素晴らしい。」と来日の喜びを語った。映
 画祭の団長を引き受けた経緯に関しては、「映画の配給がまだ決まっていない
 作品もあります。これらの作品が映画祭後、配給につながる可能性があり、少
 しでも日本の市場への突破口になればと思いました。」と、映画そのものに対
 しての深い愛情を伝えた。
 今年のカンヌ映画祭で柳楽優弥さんが最優秀男優賞を受賞して話題になった、
 是枝裕和監督『誰も知らない』についても「大都市にいるのに誰も知らないと
 いう家族の存在、その中で長男が家族を支えていくというテーマ自体に惹かれ、
 素晴らしかった」と熱っぽく語られた。
 他でも「東京では早起きをして、築地でお寿司を食べたことがあります。もっ
 と他の都市に関して知る機会がほしいから、どうか皆さん、取材を少し減らし
 て俳優達にフリーな時間を作ってあげて」と悪戯っぽく微笑んだり。「日本に
 対するフランスの一般的な見方は?」という質問に対して「それは私にはわか
 らないことだけど…」と前置きを置いて、自分の意見を述べたり…と自分の言
 葉で真摯に、的確に、答えようとする姿勢がうかがえた。フランスの政治的な
 活動に参加したり、ユニセフの親善大使なども務める彼女ならではの理知的な
 側面がキラリと輝いていた。
 既に12年も続いたフランス映画祭。これからも日本とフランスがよりよいパー
 トナーシップを保って素晴らしい交流をしたいという意志を全ての参加者が持
 ち、益々の発展を期待させる会見だった。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
◆◆
◆◆スターは俺だ!
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2002年/90分/カラー
    監督:ヤン・モワクス
    脚本:オリヴィエ・ダザ、ヤン・モワクス
       アルチュール=エマニュエル・ピエール
    出演:ブノワ・ポールヴールド、ジャン=ポール・ルーヴ
       ジュリー・ドバルデュー
    6月19日(土)18:45
 名前、ベルナール・フレデリック。職業、クロード・フランソワ。70年代屈指
 の人気歌手。そう、彼の職業はスターに成り代わることなのだ。ベルナールの
 野心、それはゴールデンタイムに全国放送されるそっくりさんコンテストで優
 勝することだった。しかし、妻のヴェロは迷惑そうだ。栄光への渇望と妻への
 愛との間で板ばさみになり、身動きの取れなくなったベルナールは、ひとつの
 選択に迫られていた…。
 クロード・フロンソワとは…。62年から「Belles,Belles,Belles」「Marche t
 out droit」「Pauvre petite fille riche」などのヒットを連発。日本ではフ
 ランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」とカップリングされた「ドナ・ド
 ナ」が大ヒット。しかし70年代から坂道を下り始め、コンサート中に発作に襲
 われ、ついで自動車事故を起こす。さらに脱税容疑。78年、浴槽の中で感電死
 する。死後、彼の楽曲は多数のリミックス音源として使われている。
 「スターへの夢を追うのに年齢は関係あるか?」と聞かれたら、希望も含めて
 「関係ない」とたいていの人々は答える。しかし、中年になったおじさんがモ
 ノマネを復活させたら、たいていの妻は嫌がるだろう。ベルナールもご多分に
 もれず、妻の猛反対を受けながら、そっくりさんコンテストに挑んだ。このそ
 っくりさん・・・クロード・フロンソワへの熱意は相当のもので、自宅(といっ
 ても、マンションのオープンルームで住んでいる)の地下一階に専用の衣裳部
 屋もあり、ダンスの練習には余念がない。その打ち込む情熱を見ていると可笑
 しくもあり、そこまでスターな自分を渇望する姿は、呆れるのも通り越して感
 動してしまうのだった。展開自体には多少無理も見えるが、内側からエネルギー
 が勢いよく噴火するように進んでいくので、観ていると元気になる。最近ちょ
 っと疲れたな、現状に流されてるな、という方はベルナールのエネルギーを頂
 いてもいいかもしれない。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
◆◆
◆◆ワイルド・サイド
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2004年/107分/カラー
    監督:セバスチャン・リフシッツ
    脚本:ステファン・ブーケ、セバスチャン・リフシッツ
    出演:ステファニー・ミシュリニ、ヤスミン・ベルマディ
       エドゥワール・ニキティヌ
    6月19日(土)21:15
 
 社会から疎外された3人の若者がパリで出逢う。一人はロシアからの不法移民。
 一人はトランスセクシャルの街娼。もう一人はマグレブ人(旧フランス植民地
 からの移民の総称)。孤独な感情を抱えた3人は自然に惹かれあい、やがてそ
 れぞれの腕の中に慰めを見出していく。アンダーグラウンドな生活と、身近な
 人の死という出来事を経て、3人の絆は一層深まっていく…。
 本作は2004年のベルリン映画祭のパノラマ部門に出品され、最も素晴らしいゲ
 イフィルムに贈られるテディベア賞を受賞した。ゲイフィルムというカテゴリー
 を越え、人間の魂を繊細に描写して、マスコミにも絶賛され「新しい才能の誕
 生」と大きな注目を浴びた作品だ。
 くびれた腰、赤いマニュキュア、白くて細い体、大きな胸…最後に男性の陰部、
 というトランスセクシャルの街娼の裸体を、冒頭から見せて観客を驚かせた。
 その後も街娼が買われているシーン、少年がトイレで体を売るシーンと続き、
 世間で隠されているような暗部が次々と現れてくる。そして、「死んだお父さ
 んは今のあなたに逢わなくて良かった」という母親の台詞、「愛してるならど
 うして「やめろ」と言ってくれないの」という自身の台詞など、登場人物たち
 がそう生きるしかなかった哀しみが端々から伝わってくる。負の感情を持つ者
 同士は共鳴する。同じように疎外されざるを得なかった3人が惹かれあってい
 くのも、たった一つ拠り所が欲しいから。
 彼ら3人は双方共に愛し合っており、三角関係というわけではない。一人対二
 人の関係ではなく、3人が一組になってまるで共同体のようだ。壊れそうな者
 たちがやっと身を寄せ合う関係は、普段目にする恋愛関係とは違っており、少
 し奇妙な印象も与えるかもしれない。けれど、そのような感情や世界がこの世
 に存在しているという事実を観客に知らせること。観客側も、受け入れられる
 かどうかは別にして、そのような存在も認められること。このフィルムがそん
 なキッカケになり、今までと違った関係を打ち出すのかもしれない。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、いくつかの方式で発行されています。
  まぐまぐ   
  Melma     
  BIGLOBE
  ※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
  ※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。
◇◇協賛・提携募集___________________________◇

  フランス・コミュニティーをサポートしていただける企業・お店を募集して
  います。詳しくは、 へ
◇◇AntenneFranceの活動 ________________________◇

  アンテンヌフランスの活動は会員の会費や寄付金などで運営されております。
 □ClubAntenneFrance
   会員制のフランス・クラブです。フランス関連のお店や商品を割引サービ
   スや会報誌を購読できます。
 □rfi musique
   フランス国営国際放送(rfi)のフレンチポップス専門FM局を日本向けにイン
   ターネットでの放送しています。24時間フランスから放送中!
 □フランス・ウェブリング
   日本語のフランス関係のサイトのウェブ・リングです。
   日本のフランス・コミュニティーの輪です。
 □L’HEXAGONE
   フランス関連専門の検索エンジンです。フランス関連のホームページやノ
   ウハウなどを検索できます。
◇◇お問い合わせ____________________________◇

  記事に関して   
  タイアップ    
  ホームページ   
  ホームページではオリジナル・スクリーンセーバーなどをダウンロードして
  います。
◇◇著作権について___________________________◇

  全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
  掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
  られています。
  発行:AntenneFrance(アンテンヌフランス)
  ■1997-2004 AntenneFrance, All Rights Reserved.
┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る