AntenneFrance n.419 日本食はおいしいのか?

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________ISSN_1881-2597_n.419
S  O  M  M  A  I  R  E  2008/11/20
□日本食はおいしいのか?

_______________________________________________<http://AntenneFrance.com/>

◆◆祝!ボジョレー・ヌーヴォー解禁、ミシュラン2009発売
◆◆日本食はおいしいのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ボジョレー・ヌーヴォー解禁日に合わせてか、ミシュラン2009年が発売され、
ついに三ツ星レストランの数も本家パリと並び世界最多の三ツ星レストランの
多い都市になった。星の総数ではパリよりも多いという。ただ、去年は5区か
らの選出だったのに対し13区から173店舗、30軒のホテルが収録されている。
40店が新登場だが、17店がガイドから消えた。このうち食品偽装で指摘を
受けたお店や閉店や辞退したところも含まれているそうだ。

ミシュランガイドは京都版も進んでいるらしいが、こちらは辞退するお店が続
出で難航しているという。さすが一見さんお断りの文化だ。ミシュランごとき
にしっぽを振らないところも立派だとも言える。東京はさすがに首都で人もお
金も集まるところだから良いとして、日本食で京都の格式の高いお店を紹介で
きればミシュランそのものの格も上がると言えるかもしれない。

しかし何時から日本はグルメになったのだろうか?確かに特別な人のための料
亭とかは接待の文化とともにずいぶん前からあっただろうし、江戸時代から今
の相撲番付のような形で色々なお店を格付けしていたから、その時代から庶民
がおいしいものを食べに行っていたのかもしれない。

幕末から日本にも外国から人が来るようになって、日本のことを母国に伝える
本や手紙が色々出版されたり、書かれて残っている。その本は多くが日本のこ
とをかなり好意的に見られていて、ヨーロッパから来た人は香港や上海など他
のアジア諸国経由で来るためか、たとえば中国人と比較して日本人の文化の高
さや質の高さなども評価している。

そんな人でも、当時の日本食はかなり口に合わなかったらしく、日記のような
文章でところどころ日本の食事がまずくて、パンとバターさえあればなんてい
うことをしきりに書いている人もいる。

日本人は西洋の食事を好んでいるようだが、なかなか慣れないということで、
コックを同行させて旅行している人もいたそうだ。(そのコックは日本人だっ
たりもする)大雑把に評すると、「日本はまずい」と思われていたと考えてい
いだろう。

梅干しとかが食べられないとかいうなら分るが、当時の果物は、硬くて甘くな
くて、おいしくない。神社のお祭りの時に売りに来る山車で売っている子供用
のお菓子もまずくて食べないとか、さんざんである。旅館などで出された夕食
はほとんど食べれなくて、おなかがいっぱいにならなかったというくらいだ。
生の魚をうすく切ったもの(刺身でしょう)は、初めは慣れないがこれは結構
食べれたそうだ。

江戸時代のレシピが残っていて、これを参考に現在の料理人が再現してみると
手間がかかるけれど、なかなかおいしいものらしい。この分量加減が微妙だそ
うで、同じ比率で少量作っても、味が違うらしく、レシピ通りの分量が、かな
り計算されたものであるという。外国人が日本食に慣れたのか、日本食が実際
に美味しくなってきたのか、実際は両方あるのかもしれない。20年ぐらいま
では、日本食の火を通さない料理が嫌いだと中国人やアメリカ人に言われたこ
とがあったし、日本食は世界一美味しいと言ってきたメキシコ人やアメリカ人
がいたことも確かだ。

江戸時代は旬のものを食べるのに命がけだったそうで、ムカデのようにオール
が出ている船で全速力でマグロを水揚げし、将軍に献上していたり、季節物や
食品の物流はかなり発達していたそうだ。

フランスもボジョレー・ヌーヴォーで新酒を祝うが、解禁日を決めるまでは、
どこもいち早くヌーヴォーを出荷していたそうである。こんな所も日本人とフ
ランス人は似たところがあるかもしれない。

◆◆能力開発的フランス語トレーニング
◆◆CleClaire
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<語学力を発達させるコツはここにあった!>

【語学習得が得意な人のコツを取り入れました】
外国語の習得が得意な人は、一ヶ国のみならず何カ国語もすらすらと学んでい
く傾向があります。そのコツはどこにあるのでしょうか。

3カ国語以上話せる人が学習のポイントとしてよく口にするのは「キーワード
から大意をつかみ、意味を想像する」ということです。勿論、豊富なボキャブ
ラリーを身に付け文法を学ぶことも大切ですが、習得を狙う言葉を繰り返し聞
き、強調されたり繰り返し出てくるワードを聞き取り、そこから意味を想像し
ていくことで、能が活発に動き学ぶ速度が速まるのです。

自分自身で意味を想像し考えること。このことが語学習得の際、必要な力とさ
れます。「クレクレール」はそのとき大切となる「キーワードリスニング」に
目を付けました。

【字幕付き。キーワードマップが学習スピードをアップさせます】
「クレクレール」はフランス人のインタビューを字幕付きで見ることができま
す。なおかつ、そのときインタビューを理解する上で重要な「キーワード」を
画面上で浮かび上がらせる「キーワードマップ」を表示しています。

「キーワードマップ」は、一つのキーワードが他の文節とどう結びついている
のかを視覚的に画面上に表示しますので、耳だけではなく目で見ることによっ
て、意味を掘り下げてイメージすることができます。想像する力が増すことと
一つ一つのワードの結びつきがよりはっきりとしてきますから、高い学習効果
が期待できます。

<誰でもなれる語学マスター>
今からでは遅い。新しい単語を覚えることができない。1日に何時間もリスニ
ングに費やす時間がない。

語学の習得を目指す人にとって、こんな悩みはつきものです。人それぞれに悩
みはなくならないかもしれませんが、是非、語学のコツを身に付けて、人より
も早いスピードで学習するクセを身に付けてしまいましょう。

コツさえつかめば、フランス語であろうと他の外国語であろうと学習法は同じ
です。一度楽しくなれば、すらすらと身に付いてしまいますから!

フランスメディアショップ
http://www.france.tc/

商品一覧(LaFrance.TV/早聞き時事フランス語/Ecoutarium/CleClaire/Les Voix)
http://www.france.tc/magasin/site_map.php

◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

このメールマガジンは、いくつかの方式で発行されています。
まぐまぐ   <http://rap.tegami.com/mag2/m/0000000200.htm>
まぐまぐでは「殿堂入りメルマガ」「草分けメルマガ【地域の情報】」です。
Melma     <http://www.melma.com/mag/30/m00000030/>
BIGLOBE    <http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/205.html>
※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。

◇◇協賛・提携募集___________________________◇

フランス・コミュニティーをサポートしていただける企業・お店を募集して
います。詳しくは、<[email protected]> へ

◇◇AntenneFranceの活動 ________________________◇

アンテンヌフランスの活動は会員の会費や寄付金などで運営されております。
□ClubAntenneFrance <http://club.antennefrance.com/>
アンテンヌフランスを応援する日本最大級の日仏団体です。
□パリ・ブランシェ <http://www.parisbranche.com/>
アンテンヌフランス編パリのガイド本好評発売中!
本書紹介のお店が続々日本進出中!
□フランスメディアショップ<http://www.france.tc/>
LaFrance.TVや早聞き時事フランス語や雑誌LesVoixの販売
□France.ST <http://www.france.st/>
フランス情報コミュニケーションサイト
□FranceJournal <http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/21/P0002114.html>
まぐまぐプレミアムで有料版フランス情報を配信中!
□Paris.CD <http://www.paris.cd/>
フレンチポップスの情報サイトへリニューアル中
バイオグラフィー翻訳プロジェクト翻訳ボランティアも募集中!
□パリ・フランス <http://www.parisfrance.be/>
電話で聞けるフランス情報。0570-003303へ電話して2513とダイヤル
□フランス・ウェブリング <http://www.antennefrance.com/WebRing/>
日本語のフランス関係のサイトのウェブ・リングです。
日本のフランス・コミュニティーの輪です。
□L’HEXAGONE <http://www.antennefrance.com/search/hexagone.html>
フランス関連専門の検索エンジンです。フランス関連のホームページやノ
ウハウなどを検索できます。

◇◇お問い合わせ____________________________◇

記事に関して   <[email protected]>
ホームページ   <http://www.antennefrance.com/>
ホームページではオリジナル・スクリーンセーバーなどをダウンロードして
います。

◇◇著作権について___________________________◇

全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
られています。
発行:AntenneFrance(アンテンヌフランス|東京都港区)
■1997-2008 AntenneFrance, All Rights Reserved.
┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る