メイク落としだけじゃない「クレンジングの教科書」基礎からしっかり解説

美容の基本は、まずは不要な物を落とすことです。

化粧をした日はもちろん、化粧をしていない日にもクレンジングは有効です。

化粧をしなくても化粧水や乳液やクリームを塗ると思いますが、こういったものにも油分が入っています。

このような油分は1日も経てば酸化してしまい、肌にとって悪い影響をもたらすことになります。綺麗さっぱり取り除くには、油性の物は油性で撮るのが一番です。

しかし、濃いメイクをすれば、強いクレンジグが必要ですが、そうで無ければそれに合わせたクレンジングを使った方が肌にとって良いでしょう。

また、毛穴の黒ずみは、オイル系のクレンジングでの撮るのが難しいので、これは別の記事で紹介します。

 

メールマガジン購読

オイルクレンジング

通常クレンジングと言えば、このオイルクレンジングのことを指していたと思います。最もメイクも落としやすいので、しっかりメイクした日にはオイルクレンジングを使うと良いでしょう。

その分皮脂を落としすぎて肌が乾燥してしまうなどの理由でオイルクレンジングを嫌う人もいます。

オイルクレンジングは、必ず乾いた手で、顔も乾いた状態で行います。
最初にオイルで肌の油汚れとなじませ、その具少量の水で乳化させて汚れを助教するという仕組みです。

リキッドクレンジング

通常オイルを使っていないクレンジングです。油分を使っていないので、脂の汚れやメイクの汚れは落ちにくいとも言われています。
現在では、よく落ちる製品もあると思いますが、やっぱり汚れ落ちは少し弱いと思います。

毛穴の黒ずみには向かないと思います。

リキッドクレンジングの場合は、汚れが落ちにくいアイメイクから落とします。
コットンに浸して、落としたいところにしばらく置いて拭き取るように落とします。
ゴシゴシやってしまうと肌に傷がついてしまうので、優しく拭き取って下さい。

ジェル状クレンジング

ジェル状のクレンジングは、油性タイプとオイルの入っている水性タイプとオイルの入っていない水性タイプがあります。
このジェルっぽい部分が指と肌の間のクッションになって、肌への摩擦か抑えられて優しくクレンジングできます。

油性タイプやオイルの入っている水性タイプの方が良く落ちます。黒ずみ対策にもこちらの方が向いています。
水分のあるジェルの中にオイルが入っているのですが、ジェルの水分が手の温かさで蒸発し、中のオイルが出てきて、肌の皮脂やメイクの油分と馴染み、これらの汚れを浮かせます。

そのため、冷たいとよく落ちません。手で温めてから肌に塗るとかします。
また洗い流す時も少量のぬるま湯をちょっと手に取り、徐々に乳化させて洗い流していきます。

オイルの入っていない水性タイプは、汚れを落としにくいと思いますので、毛穴の黒ずみには向かないと思います。メイクはしていない日の時に使うのが良いと思います。メイクはしていなくても、皮脂汚れや乳液やクリームなどを塗っていると、それらの成分が酸化していることもあります。一旦そのような物を落とすという意味でも優しいクレンジングはした方が良いと思います。そういう時に向いています。ナチュラルメイクのときと言われますが、ファンデーションなどは毛穴に入っているので、出来ればしっかり落とした方が良いと思います。

クレンジングクリーム

クリーム状のクレンジングです。
これも油分の多いのでオイルクレンジングと同じに考えて良いのですが、クリーム状なので、摩擦を抑えることも出来、より肌に優しく、油分が多いので、余分なオイルを落としすぎないので、オイルクレンジングより優しいクレンジングです。

この手のクレンジングも手のひらで温めてから肌にのせていきます。はじめはクリームを塗っている感じがしますが、だんだん軽くスルスルになってきます。皮脂汚れとクリームがなじむとこのような感触になります。こうなったら、ぬるま湯で少しづつ洗い流していきます。

冷たい水ですとクリームの油分が硬くなり、落ちにくくなってしまいます。

ミルククレンジング

乳液のようなクレンジングです。濡れた手でも使えるといわれているクレンジングはこと手のタイプだと思います。縫う駅は、水性の成分と油性の成分が乳化している状態です。美容成分が入っていると謳っているクレンジングもこの手のタイプだと思います。

ジェル状クレンジングと同じように、温まった状態で使ってください。手に取ったら手で少しは畳めてから肌につけます。そしてぬるま湯で少しずつ洗い流して下さい。

こちらも汚れを落とす力は余り強くはなく、ノーメークの時に良いと思います。毛穴の黒ずみ向けにはちょっと力不足だと思います。

ホットクレンジング

ジェル状のクレンジングで、肌に付けると発熱するクレンジングがあります。
これは上記でも書いたとおり、クレンジングの効果を出すために少し温める必要がありますが、クレンジングに発熱作用を付けて、その作業をしないでいきなり肌に付けることが出来るようにしたものです。

クレンジングする際の注意点
十分な量を使う
クレンジングする時はオイルを顔に塗るのがイヤで少量シカ使わないという人もいると思います。
しかし十分な量がないと摩擦が強くなり、肌への負担が大きくなります。
またクレンジングはオイル成分があるからといって、洗浄成分も含まれていますので、オイルマッサージの代わりにはなりません。クレンジングでマッサージをしないで下さい。あまりやり過ぎると肌に必要な飛島で落としてしまい、逆に皮脂の分泌を高め肌トラブルの原因になる場合があります。

クレンジングを洗い流す時は冷水や熱いお湯を使わないようにしましょう。
冷水はオイルを固めてしまう要因になり、汚れが肌から落ちなくする原因になります。
熱いお湯を使うと皮脂を取り過ぎてしまいます。

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks