フランスの財務大臣は、中国からのデカップリングは不可能だと言う

フランスの財務大臣は、日曜日の北京訪問中に、一部の西側諸国がアジアの巨人への依存に疑問を呈しているため、中国とのすべての経済関係を断ち切ることは「幻想」であると述べた。

「私たちはデカップリングの考えに全く反対しています。デカップリングは幻想だ」とブルーノ・ル・メール財務相はフランス大使館で記者団に語った。

アメリカ、ヨーロッパ、中国の経済の間に何らかのデカップリングがある可能性はない。

それにもかかわらず、ル・メールは、特定の分野でより経済的に独立するというフランスの野望を擁護した。しかし、彼は、ここ数ヶ月で西洋で代名詞となっているリスク除去の概念は、「中国がリスクであることを意味するものではない」と付け加えた。

「リスクの取りは、私たちがより自立したいことを意味します…新型コロナウイルスの危機の間に気づいたように、いくつかの非常に特定のコンポーネントへの依存度が多すぎることに気づきたくない」と彼は付け加え、マイクロチップを例として挙げた。

ル・メールの発言は、一部の西側諸国が中国、特にアジア諸国を最大の貿易相手国であり、自動車産業にとって重要な市場として数えているドイツへの経済的依存を減らそうとしているからです。

米国も中国からのリスク回避を提唱しているが、ジャネット・イエレン財務長官は今月初めの北京訪問で、米国と中国経済のデカップリングは「事実上不可能」であると述べた。

一方、中国は西側のリスクを軽減しようとする努力を激しく非難し、李強首相は先月、この概念を「虚偽の提案」と呼んだ。

ル・メールはハイレベルな経済協議のために中国にいて、月曜日に深センの南部のハイテクハブに旅行し、ビジネスリーダーと会う予定です。

https://www.rfi.fr/en/france/20230730-french-finance-minister-says-decoupling-from-china-is-not-possible

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks