フランスの主要グループの健全性

安心してください!「フランスの産業の巨人は危機にもかかわらず幸福感に満ちている」とル・フィガロは語る。EDFとその困難を除いて、「ミシュラン、サンゴバン、ダノンの後、今週初めに、シュナイダー、エアリキッド、トータル、ステランティス、またはサノフィグループは昨日素晴らしい業績を発表しました。」「これらの多国籍企業はひどく多忙な環境で活動しているため、パフォーマンスはさらに顕著です」とル・フィガロ(高いインフレ、あらゆる種類の不足、中国による深刻な停止)は述べています。

フランスの主要グループの健全性| アンテンヌフランス

そう、「フランスの機関車はよく持ちこたえている」とLes Echosは確認する。フランスの大手企業は「武装」しており、「数々のショックにもかかわらず、CAC40グループのほとんどが非常に堅調な業績を上げている」。しかし、経済日報は「今年後半は、経済見通しの悪化が誰の頭にもあり、多くの不確実性が重くのしかかっている」と警告する。

議論の中心にある利益の使用

そして、利益の使用は人々の心の中にあります。特にラクロワの例では、「TotalEnergies、不和の超利益」「6ヶ月で、石油タンカーは100億ユーロ以上の利益を上げました。課税に関する議論を復活させるのに十分であり、より一般的にはこれらの利益の使用に関する議論を復活させるのに十分です。」「原油価格の急騰の直接的な結果として、これらの結果は1年前の2倍の高さで、驚くべきことではありません。しかし、彼らはインフレ時に仕事をし、ハーフマストで電力を購入している」とラクロワは観察する。

L’Humanitéは、その社説に忠実に、「権力者の猥褻さ」を非難している。ここで、ヌープスが提案した政府と「超利益課税の断固拒否」、そして「フランス人が苦労している」のに「うまくいっている」「大きなグループ」とその「ボス」について言及する。パンデミックから立ち直り」、「ウクライナ戦争とエネルギーショックから利益を得ている」彼らは、国家の連帯に何の関心もなく、「市民に『エネルギー消費を減らせ』と呼びかける度胸がある」と、L’Humanitéは言う。まず、Totalのトップは、「2021年に自分の給料を52%増やし、年間590万ユーロにした」のだという。社会的緊急事態に対する答え」の一つは、「革命ではなく」、「新しい富の分配の始まりに過ぎない」とL’Humanitéは言う。

ディアスポラ(移民)にとって不利な経済状況

マグレブディアスポラの状況に焦点を当てたAujourd’hui en Franceのコラムで読むドキュメント「どんな犠牲を払っても戻る」です。 “パンデミック “のためにほぼ完全に中断していた2年近くを経て、アルジェリア、モロッコ、チュニジア出身の家族が祖国に戻りつつあります。しかし、「航空運賃の上昇と購買力の低下で、休日は奇妙な味を残す」と新聞は指摘する。

それにもかかわらず、オルリー空港には、ハフィーダと「彼女の花柄のドレス」のように、チュニジアで40日間過ごすために出発する3人の母親がたくさんいる、とAujourd’hui en Franceは言う。あるいは、「エア・アルジェリのカウンターの前で待っている」47歳、同じく3人の子持ちのウィダドのように、「コンスタンティンに行くためにローンを組まなければならなかった」人さえいる。往復で2,400ユーロ以上かかったそうです。来年は「毎月100ユーロを積み立てる」予定だ。「家族に会えることはプライスレスだから」とウィダドさんは言う。

メールマガジン購読

ラッパーブーバ、内部告発者?

お金、戦争のシノギ…ラッパーBoobaの新たな戦いの動機は! カリスとの衝突は明らかに終わった、オルリーでの戦いの時だ。Libération』誌の一面に掲載された「Booba vs. influencers, scams, show-offs and putaclics」という非常にシリアスなレポートです。期待できそうなので、ご注意を。このラップスターは、「ウェブ上の大小の詐欺の提供者」であるいくつかのソーシャルネットワークのスターを非難していると、リベは報じています。ブーバ、通称ブルビ公は、自らを「内部告発者」と位置づけているほどだ。

事の発端は、「ラッパーの手首の写真に偽物の時計が写っており、インフルエンサーに嘲笑された」ことでした。Boobaは実際に詐欺に遭い、ソーシャルネットワークに秘密があるような衝突の後、スターは「芯から刺され」、「この半分バーチャル、半分リアルのグローバル化したジャングルに突入し、しばしばドバイに拠点を置き、ゴゴ(しばしばティーンエイジャー)の背中に乗って大金を稼ぐ不謹慎なインフルエンサーたち」となった。しかし、この問題が深刻であることの証として、Boobaは法的な取り組みを開始し、いくつかの省庁がこの問題を取り上げている。Libérationによれば、「ラップスター」、「免税インフルエンサー」、「ボトックス入りリアリティTVキャラクター」といった「奇妙なカクテル」を超えて、「こうした電子商取引のトラブルという哀れな世界を規制することが急務である」ということだ。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220729-à-la-une-la-bonne-santé-des-grands-groupes-français

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks