安倍殺人事件が日本統一教会の論争にスポットライトを当てる

本記事「フランスが伝えた日本のニュース」は、フランスの報道機関がどのように日本を報道しているかという目的で配信しています。したがって、内容に関しての正誤や事実であるかの検証の有無、アンテンヌフランスが内容に同意しているかに関わらず掲載しています。ご了承下さい。

Église de l’Unification :統一教会

La secte Moon :創立者の文鮮明の「文」がMoon、secteは宗派ですが、感覚としてはカルト教団を意味しています

 

統一教会に憤慨した男による日本の安倍晋三元首相の暗殺は、グループをめぐる長年の論争を再浮上させた。
東京(AFP)

警察によると、山上哲也は、元首相がその男の母親が多額の寄付をした「特定のグループ」を支持したと信じていたため、安倍を標的にしたという。山上は地元メディアが発行した手紙の中で、安倍が統一教会を支持していると非難し、母親の会員を確認したグループに憤慨を表明した。

教会を研究する元信者、弁護士、学者は、山上家の詳細は日本で共通のパターンに合っていると報告したと言います。

メールマガジン購読

山上の母親は、夫が自殺した後、教会に入会し、すぐに彼女の信仰に没頭したと伝えられている。

山上の叔父は、母親が教会に通っている間、子供たちを一人にして食べ物なしで放置したとき、甥が時々彼に助けを求めたと地元メディアに語った。

彼女は教会に1億円(当時は約100万ドル)を寄付し、後に破産を宣言したと彼は言った。

それはすべて、元教会員を代表する山口博弁護士に聞き覚えがあります。

「メンバーは毎日寄付をするよう圧力をかけられている」と彼はAFPに語った。

「彼らはあなたにカルマはお金に執着しており、(寄付)が自分を救う唯一の方法だと言う。だから、あなたはそれをしなければならないと思います。

正式には世界平和統一家族連盟(FFWPU)として知られているこの教会は、1954年に韓国の孫明月によって設立され、その信者は口語的に「ムーニー(Moonies)」として知られています。

日本の章は1959年に始まり、1980年代の経済ブームである「人々が自分の生活の仕方がわからない時代」の間にメンバーシップが始まりました」と、東京の立正大学の社会心理学教授である西田公明は言いました。

「私の人生全体を歪めた」

日本は教会の金融の中心地となり、自国の戦時中の朝鮮占領を償う必要があると日本の信者に教えた。

「彼らは意図的に各国に異なる役割を割り当てている」と上越教育大学の宗教社会学准教授である塚田穂高は言った。

#写真1
「彼らは信者を搾取するための(販売)マニュアルを持っている」と彼はAFPに語った。

教会は、日本の信者が彼らまたはその先祖を免除すると言われた4300万円(35万ドル)の小像を含む法外な価格の商品の「精神的な販売」を提供しました。

メンバーによる多大な支出が反発につながった。

スピリチュアルセールスに対する日本の全国弁護士ネットワークは、1987年以来、元フォロワーに1,237億円(9億ドル)の損害賠償を求める訴訟を起こしていると述べています。

2000年代の一連の逮捕と教会に対する評決は「精神的な販売」の制限を促したが、山口弁護士は、信者は依然として毎月の寄付目標を達成するよう迫られていると述べている。

「それは神が決める目標だ」と彼は教会がメンバーに語る。それは彼らが満たす必要があるノルマです。

教会はメンバーがプレッシャーを受けていることを否定している。

「私たちの見解では、天国の前にすべての寄付は自由に与えられなければならない」とFFWPUの報道連絡先デミアン・ダンクリーはAFPに語った。

FFWPUは時々寄付を訴えるが、FFWPUのメンバーは、いつ、いくら寄付するかを選ぶ。

2005年、山上は母親の破産後、兄弟が保険料を受け取ることを期待して自殺を試みたと伝えられている。

小児がんの生存者である兄は、10年後に自殺した。

安倍首相が殺害される前日に送られた反教会ブロガーへの手紙の中で、山上は彼の10代の頃は母親の「過剰支出、家族の混乱、破産」によって損なわれたと述べた。

「その経験は私の人生全体を歪めてきた」と地元メディアが発表した手紙は言った。

「神の下の1つの家族」

元教会員は、離婚が「サタンを喜ばせてください」ので、母親が教会が選んだ虐待的な夫と一緒にいるように言った日本人女性を含む、同様の家族の破裂を語った。

「(山上)がしたことは弁護できない」と彼女は今月記者会見で匿名を条件に語った。

しかし…それは教会が命をどれほどひどく破壊するかです。

山上の手紙は、政治家が教会にリンクされたグループに与えた2021年の演説の一部に基づいて、安倍が「統一教会の最も影響力のある支持者の一人」であると非難した。

教会と関連団体は、ドナルド・トランプ元米国大統領を含む著名人などを定期的にイベントに依頼している。

ダンクリーは、教会は「平和に興味のある人との関係を築こうとしている」と述べた。

彼は、「使命は、人類が「神の下の1つの家族」として生きる真の愛の平和で調和のとれた世界をもたらすのを助けることである」と述べた。

しかし、元教会のメンバーは、信者は尊敬を促すために著名な人物と月の写真を見せられたと言いました。

「彼らは政治家とつながりがあり、ムーンは真の救世主だと感じさせた」と彼女は言った。

この暗殺により、安倍の祖父である岸信輔元首相を含む、教会の日本の政治家との関係を再検討することを余儀なくされた。

安倍の弟の岸信夫国防相は今週、教会員が選挙運動ボランティアを務めたことを認めた、とダンクリーは信者は「民間市民としてのみ行う」と述べた。

野党は現在、教会の活動と政治家とのつながりを精査するためのいくつかのタスクフォースを発表しました。

https://www.rfi.fr/en/international-news/20220729-abe-murder-spotlights-unification-church-controversy-in-japan

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks