半導体:ワシントンが北京に宣戦布告

米国は、中国から最先端の半導体技術を奪うことを決定した。この決定は、自国のチップ産業を育成しようとする北京の努力にとって致命的となり、2つの大国間の煮え切らない経済戦争が再燃する可能性がある。先週末、このニュースは中国のハイテク業界を震撼させた。その結果、ワシントンは中国への電子部品の輸出を新たに制限することを発表した。

ホワイトハウスの公然の目的は、特に防衛産業で使用される特定のハイエンドチップを中国が取得し製造する能力を制限することですが、それだけではありません。半導体の生産は、世界市場の約53%を占める台湾を中心に、韓国、日本、中国などアジアで行われているが、その部品の設計はシリコンバレーの企業が中心となっていることに留意する必要がある。

この新たな締め付けにより、中国企業は、たとえ米国以外の企業が製造したチップであっても、事前の合意がない限り、米国の特許や部品を使用したチップを購入することができなくなる。これらは、7ナノメートルより小さなノードでエッチングされたチップで、先進的な次世代技術です。ちなみに、半導体を多用する自動車産業では、14ナノメートル以上のノードでエッチングされたチップを使用しており、その大きさは2倍以上となります。これらのチップは、情報通信技術のより繊細な分野に関係しています。

中国への現実的な影響は?

もし中国が「ハイエンド」チップを買えなくなれば、軍事利用が考えられるスーパーコンピュータの開発、そして何より維持ができなくなる。中国の核攻撃を想定した計算の例がよく引き合いに出される。また、メモリーチップなどの先端半導体を自前で生産することもできない。軍事情報システムの改善と住民の大量監視を可能にする技術、これがワシントンの主張である。

しかし、影響を受けているのは防衛分野だけではありません。最新世代の半導体は、AliBaba、Baidu、Tencentといった中国のハイテク大手のデータセンターで欠かせない存在となっています。これらのグループの株価は、中国の半導体メーカーと同様に、いずれも株式市場で急落している。

ワシントンの決定は、6,800億ドル以上の価値を持つこの戦略的分野における北京の野心に打撃を与えるものである。

中国は、必要な半導体の大半を海外で購入している。ちなみに、2021年には3500億円相当のこのチップを輸入している。これは輸入量の13%に相当する。自動車、航空、電子機器、パソコン、スマートフォンなど、中国が大量に生産しているものには欠かせない部品です。

メールマガジン購読

習近平は、2015年に「メイド・イン・チャイナ2025」計画を打ち出した。その野望は、中国を技術大国にすることであり、使用するチップの75%を現地で生産することを目指した。しかし、残り3年では15%しか出ていない。そのため、北京は半導体をこれまで以上に海外サプライヤーに依存している。

今回のアメリカの攻勢は、この分野での中国の野心を封じ込めるためのホワイトハウスの戦略の新たな一歩に過ぎません

コバルト19の流行は、世界がいかにアジアを中心とした一部の半導体メーカーに依存しているかを露呈する衝撃的な出来事であった。特に自動車産業では、サプライチェーンへのダメージとその影響を目の当たりにしてきました。アメリカはもちろん、ヨーロッパもこれに懲りて、半導体製造をアメリカやEUに移転させるために大規模な投資を行うことにしたのです。アメリカのチップス法に500億円の公的資金、ヨーロッパのプランに400億円。また、米国は台湾、韓国、日本の主要3カ国との同盟「チップ4」による新戦線を開始しました。その目的は、世界の半導体生産の分布を改善することであり、これらの国々に明日の生産ユニットをアメリカの地に建設するよう説得することだが、これは中国にとって非常に不評な動きである。

[ja] OK_AJD_l_eco_121022.mp3 – powered by Happy Scribe

そして今日は、Mounia Daoudiと一緒に経済を紹介します。Mouniaさん、こんにちは。

こんにちは。

アルノー米国は、中国から最先端の半導体技術を奪うことを決定した。これは、自国のチップ産業を育成しようとする北京の努力にとって致命的となりかねず、また、2つの大国間の煮え切らない経済戦争を再燃させる決定である。先週末にこのニュースが飛び込んできた。ワシントンは、中国への電子部品の輸出に関する新たな制限を発表した。

また、ホワイトハウスの公然の目的は、特に防衛産業で使用される特定のハイエンドチップを取得し製造する中国の能力を制限することである。しかし、それだけではありません。なお、半導体の生産は台湾(世界市場の53%)を中心に、韓国、日本、中国などアジアで行われているが、その設計はシリコンバレーの企業がほとんどを占めている。そして、この新たな締め付けにより、中国企業は、たとえアメリカ以外の企業が製造したチップであっても、事前の合意がない限り、アメリカの特許や部品を使ったチップを購入することができなくなる。アルナッツは、高度な次世代技術の話をしているのです。あまり専門的なことは言わないようにします。半導体に非常に貪欲な自動車産業は、その2倍の大きさの14ナノメートル以上のノードに刻まれたチップを使用しています。

ここで言うチップとは、情報通信技術の中でも特にセンシティブな分野のものである。

具体的には、中国にとってどのような意味があるのでしょうか。

もし中国がハイエンドチップを買えなくなったら?軍事利用が考えられるスーパーコンピュータの開発、とりわけ維持ができなくなる。よく例に出されるのが、中国の核攻撃シミュレーションに必要な計算です。また、軍事情報システムや国民監視を強化するための技術であるメモリーチップなどの高度な半導体を自国内で生産することもできない。これが、ワシントンの主張である。しかし、影響を受けているのは防衛分野だけではありません。最新世代の半導体は、アリババ、百度、タウンゼントといった中国のハイテク企業のデータセンターで欠かせない存在となっています。実際、これらのグループの株式は、中国の半導体メーカーと同様に、株式市場で軒並み下落している。

したがって、ワシントンの決定は、北京の野心に打撃を与えるものである。この分野は、6,800億ドル以上の価値を持つ戦略的な分野です。

そして、中国が必要とする半導体の大部分を海外から購入していることは注目に値します。ちなみに、昨年は3500億ドル相当のチップを輸入している。それでも輸入量の13%に相当する。これらは、自動車産業にとって必要不可欠な部品です。また、航空技術や電子機器(パソコン、スマートフォンなど、中国が大量生産しているものすべて)の製造についても、よく話題にします。こうした課題を認識した中国平は、2015年に「Made in China 2025」計画を打ち出し、その野望は中国を技術大国にすることであり、使用するチップの75%を現地で生産することを目指したのです。しかし、残り3年では15%しか出ていない。そのため、北京は半導体をこれまで以上に海外サプライヤーに依存している。

これまで述べてきたように、このアメリカの攻勢は、中国の野心を封じ込めるためのホワイトハウスの戦略において、ある意味で新たなステージに過ぎない。

HIVの流行は、アジアを中心とした一部の半導体メーカーに依存していた世界に衝撃を与えたことはご記憶に新しいと思います。グローバルなサプライチェーンがダメージを受け、特定の産業が影響を受けるのを目の当たりにしました。よく自動車産業の話をします。そして、アメリカはもちろん、ヨーロッパもこれに懲りて、半導体製造の自国内移設に大規模な投資を行うことにした。 アメリカのシップス法に500億ドルの公的資金、ヨーロッパのプランに400億ドルの公的資金が投入された。SHIPで新たな戦線を張った米国も、台湾、韓国、日本の主要3カ国と同盟を結んでいる。先端半導体の世界的な生産配分をより良くすることが目的です。つまり、これらの国々に、明日の生産拠点をアメリカの地に建設するよう説得することです。アルノーさん、中国がこの方法を非常に軽視していることは想像がつくでしょう。

今日はおかげさまで、経済が

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/aujourd-hui-l-économie/20221012-semi-conducteurs-washington-déclare-la-guerre-à-pékin

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 885
Enable Notifications OK No thanks