超富裕層に課税する:「国際税規則の真の改革を開始する時が来た」

3月14日火曜日、MEP Aurore Lalucqと経済学者Gabriel Zucmanのイニシアチブで、国際レベルでの超富裕層への課税の確立を求める論説が出版されました。130人以上のMEP、世界的に有名な経済学者、NGO、労働組合、そして億万長者によって署名されたこのフォーラムは、多国籍企業に課税するために導入されたものに似たシステムを求めています。

フランスインスーミーのヨーロッパ人に選出され、欧州議会のGUE/NGL連邦グループの共同議長であるマノン・オーブリーとのインタビュー。

RFI:このフォーラムの目的は何ですか?

マノン・オーブリー:ヨーロッパの国々や世界の他の国が財源を探している時に、フランスのような州が非常に少数の億万長者を使用するのではなく、2年間6000万人以上のフランス人を雇用することを好む時に、このフォーラムの課題は、次のように言うことです:世界最大の財産が税金の0.001%しか払っていない場合、それは避けられないことではありません

したがって、課題は、多国籍企業の税規則に関して行われたのと同じように、世界の主要な財産に新しい税金を課すことに同意している私たちの能力を見ることです。私たちはビジネス面での仕事を終えたとは程遠いが、私の意見では低すぎる15%の国際最低税率に合意するメリットがあった[2022年12月15日にEUによって採択された税金は、2023年末に発効する予定である、編集者注]。それにもかかわらず、彼は税競争のためにこの競争を止めることが可能であることを実証しています。

ヨーロッパレベルだけでも、実施するのは複雑に思えますか?

アイデアは、主題を開始し、このプロセスを開始することです。そして、この国際手続きと並行して、いくつかの先駆的な州は、脱税を実践する人々の足の下で草を刈ることを可能にする普遍的な税の形態を採用することで、道をリードするべきだと思います。

欧州連合は、脱税との闘いにおいて大きな役割を担っているため、この分野でイニシアチブを取ることができます。それ自体には多くのタックスヘイブンがあるため、モーターヨーロッパ人が必要です。フランスはその一部であり、ヨーロッパレベルで大きな財産に課税する新しい合意を提案する可能性があります。ここでは、大財産に対する1.5%の世界的な税金について話しています。アイデアは、毎年不足している膨大な量の一部である最小限を回復することです。個人と企業の間で、欧州連合は毎年平均約1000億ユーロを失うと推定されています。機械を別の方向に戻して、国際税規則の真の改革を始める時が来ました。

その後、誰がこの金銭的な利益の恩恵を受け、これらすべてをどのように管理しますか?

多国籍企業の課税と新しい国際税の面では、これらは実施されている共通のルールであり、各州はケーキのシェアを回収します。目的は、同様の操作で大きな財産に税金を課すことです。フランスは、今日回復していない幸運の大部分を回復した。欧州連合自体も欧州レベルで税金を課しています。すでに税金が課税されており、経済的重みに応じて各加盟国に再分配されます。「これらのレシピはどこに行くのか」という質問。「したがって、最終的に対処するのがかなり簡単な質問です。問題はむしろ、「国際レベルで大きな財産が税規則をからかってできるだけ少ない税金を払うのをやめるようにするための共通のルールに合意することができますか?」

スーパープロフィットへの課税が欧州レベルで議論されたとき、私たちはすべての左翼グループとともに、個人への課税を提案していました。欧州連合が欧州回復計画の返済の問題を自問している時に、個人に対するこの課税で資金を調達するかなり簡単な方法があるでしょう。これまでのところ、それは常に拒否されています。したがって、欧州議会では、特に欧州議会のマクロニスト多数派の選出された代表者が座っているルネッサンスグループに疑問を投げかけ、挑戦するために戦わなければならない政治的な戦いがあります。彼らは財産に課税するためにイニシアチブを取りたいが、それを具体的に具体化することになると常に反対票を投じています。また、経済危機の文脈で、世論を通じて開始する文化的な戦いもあります。今が、この議論を再開する時か、決してしない時です。

欧州中央銀行のフィリップ・レーン総裁も、超富裕層に課税することを提案している

このフォーラムの署名者は、OECDと国連にこの税金に関する交渉を開始するよう求めています。そして実際、超富裕層と超利益に課税するという考えは新しいものではなく、その道を進み続けています。フランスが数ヶ月間、海外でこの議論に同意するのに苦労している場合、この措置は支持を見つけます…やや驚くべきことです。

2022年9月、欧州中央銀行(ECB)のチーフエコノミストであるフィリップ・レーンは、インフレに直面して最も不安定な人々への援助に資金を提供するために、最高の所得に課税することに賛成しました。2022年9月27日、オーストリアの日刊紙Der Standardとのインタビューで、価格の安定を維持することを主な使命とするECB高官は、「政府は最も苦しんでいる家計や企業の収入と消費を支援すべきだ」と述べた。

彼の解決策?「これは、高所得者やエネルギーショックにもかかわらず非常に収益性の高い産業や企業に対する増税の形をとる可能性があります。フィリップ・レーンが正当化するように、「困っている人々を助け、税金を増やすことで資金を調達すれば、公共赤字を増やすよりもインフレへの影響が少ない」と彼は続けます。発行者に与えられた予期せぬ立場ですが、それは金持ちの課税に関する議論の規模を証明しています。

2022年9月に超利益の課税に関する議論が始まった間、フランスはイタリア、ドイツ、スペインのヨーロッパの近隣諸国と比較して、この問題に慎重でした。今日、フランス政府は依然として最大の財産の課税の問題で分裂している。しかし、フィリップ・レーンに加えて、2023年1月にダボスに存在する数人の億万長者、または3月14日火曜日に発行された論説の署名者は、すでにさらに課税されるという合意を策定しています。

RFI

https://www.rfi.fr/fr/europe/20230315-taxer-les-ultra-riches-il-est-temps-d-entamer-une-vraie-réforme-des-règles-fiscales-internationales

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1525
Enable Notifications OK No thanks