暗号通貨プラットフォーム「Celsius」が破産を申請

暗号通貨が混迷している。価値が下がり、それが犠牲になっているのです。またしても、米国で仮想通貨融資のプラットフォームが破綻した。Celsius(セルシウス)は、この分野で最も重要なプレーヤーの一人であった。

170万人の顧客と数十億ドルの資金を抱えるCelsiusは、今回、米国の破産制度下に置かれることになった。

暗号通貨があまり好ましくない市場で低迷した結果、この債権者は最悪の事態を避けたいと考えていました。これは、負債を返済できなくなった企業が、安定化するまでの間、ある種の保護を受けられるようにするための手段である。

しかし、Celsiusの顧客は、1ヶ月以上前から出金凍結が行われているため、すぐにお金を取り戻すことはできない。

 

暗号通貨の凍結

預けた金額がなくなったらどうしようとパニックになるお客様が殺到するのを避けるため、今も資金をブロックしているのです。同社によれば、反応の鈍い人を、その甲斐なく傍観者にしてしまうような行動である。

フィナンシャル・タイムズ紙にとって、同社は投資家を集めるために高い金利を提供するなどのリスクを取ったが、誰も暗号通貨を買いたがらない時代であった。

メールマガジン購読

Celsiusの悩みは、他の巨人たちと似ている。最大手の投資ファンドであるスリーアローズキャピタルも問題になっているが、コインフレックス、バベルファイナンス、最近では専門店のボイジャーデジタルも流動性不足で破綻している。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220714-la-plateforme-de-cryptomonnaies-celsius-se-déclare-en-faillite

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks