フランス政府は漁師への35セントの燃料支援を延長

エルベ・ベルヴィル海洋担当国務長官は7月29日(金)、漁民への燃料支援を9月30日まで延長すると発表した。この35セントの援助は、エネルギー危機の結果に苦しんでいる同分野の専門家を救済するためのものだという。

フランス政府は漁師への35セントの燃料支援を延長 フランスニュース

ブレグジットやパンデミックの影響を受けてきた漁師たちは、今度はウクライナでの紛争の影響を永続的に受けています。

海洋漁業・養殖業全国委員会のオリビエ・ル・ネゼ会長は、あらゆるレベルで「弱体化したセクター」であると話す。トロール船への燃料供給が主な問題である。「トロール船はクリーンなディーゼルを必要とするので、漁業用ディーゼルはもっぱらロシア産だった。これにより、漁業活動において完全に均等なトラクションをかけることができるのです」と説明します。

長期的な支援

「大臣が、そして私が感謝するのは、この援助を9月30日まで続けることを許可したことで、近海漁業が活動を続けることができるようになることです。この補助で天井を取り外せるようにすることが重要です。船員の賃金が燃料費に直接影響されることを知っているEUが、支援を行う必要があることに気づくことが重要だと思います」とオリヴィエ・ル・ネゼは説明する。

しかし、国家漁業委員会の会長は、公海上で漁業を行う深海艇がこの支援の対象外であることを残念に思っている。そのため、国はセクター全体への支援を拡大するよう要請している。

https://www.rfi.fr/fr/france/20220730-france-le-gouvernement-prolonge-l-aide-au-carburant-de-35-centimes-pour-les-pêcheurs

メールマガジン購読
Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 667