地中海の表面温度の急上昇は海洋野生生物を脅かしている

地中海西部を「例外的な」海洋性熱波が襲い、地表温度が季節平均より最大で5℃も高くなっている。

France: Sea surface temperature in the Mediterranean Sea have spiked • FRANCE 24 English

今月、北ヨーロッパと英国を焼き尽くした記録的な熱波は収まったが、専門家は、地中海の通常より高い気温の持続が、海洋生態系全体に脅威を与えていると述べた。

「この巨大な海洋熱波は5月にコルシカ島とイタリアの間のリグリア海から始まった」と、非営利の研究団体メルカトル・オーシャン・インターナショナルの海洋学者であるカリーナ・フォン・シュックマンが言う。

その後、イオニア海のタラント湾に広がったという。

7月には、熱波はバレアレス諸島、サルデーニャ島、ティレニア海を飲み込んだ。

 

メールマガジン購読

5℃上昇

“表面温度異常マップは、バレアレス諸島の東からコルシカの東まで、+4から+5℃のオーダーで、通常よりも高い値を示している “とMercatorは声明で述べている。

地中海西部の観光地では、人間は水温の上昇を心地よく感じるかもしれないが、同団体は、”海洋温暖化は生態系全体に影響を与える “と警告している。

“地元の動植物に起こりうる影響や、自然災害をもたらす異常気象の発生に注意することが重要である “と述べている。

フォン・シュックマン氏は、異常に高い気温は、ある種の生物にとって不可逆的な移動を引き起こし、他の種にとっては「大量死」を引き起こす可能性があると述べています。

また、良好な水環境に依存する観光や漁業などの産業にも影響が及ぶと指摘した。

国連の気候科学機関によると、海洋熱波の発生頻度は1980年以来、世界的にすでに2倍になっているという。

死滅、外来種

地中海は地球の海面面積の1パーセントに過ぎないが、既知の海洋生物種の20パーセント近くを含んでいる。

今月、学術誌「Global Change Biology」に掲載された研究によると、地中海では2015年から2019年の間に5年連続で大量死現象が発生していたことがわかりました。

フランスのCNRS研究センターは、1999年、2003年、2006年の海洋熱波により、一部の種、特に顕花植物の一種であるポジドニアが大量死したことを指摘している。

ポセイドニア
ポセイドニア © Wikimedia/CC

エクス・マルセイユ大学の海洋生態学者であるシャルル・フランソワ・ブードゥレスク氏は、「植物やサンゴなどの固定生物に主に影響が及ぶと予測されます」と語った。

しかし、バラクーダのような一部の魚種は、温暖化した地中海北部の海域でより多く生息するようになる可能性がある。

Boudouresque氏は、紅海からスエズ運河を経由してくる魚種の中には、「5年から10年以内に」問題になりそうなものもある、と言う。

例えば、草食性のクラゲであるロピレマや、ブードゥレスク氏が「極めて貪欲」と評したラビットフィッシュなどである。

地中海東部ではすでに多く生息しているが、西部海域に出現すれば、無数の種類の魚の養殖場となっている藻の森が脅かされることになる。

また、ロピレマは泳いでいる人を刺すこともあり、病院での治療が必要なほど深刻である。

ロピレマ「フレーム」クラゲ
ロピレマ「フレーム」クラゲ。ウィキメディア/CC

いったん海洋熱波が発生すると、政府ができることはほとんどないため、温暖化の原因となる温室効果ガスの排出を減らすことが最善の策であるとフォン・シュックマン氏は述べた。

「たとえ今排出を止めたとしても、地球の熱の90パーセントを含む海は温まり続けるでしょう」と彼女は言った。

「少なくとも2003年以降、(海洋熱波は)より一般的になり、将来的にはより長く続き、より多くの海を覆い、より激しく、深刻になるだろう」とフォン・シュックマン氏は述べた。

(AFP通信より)

https://www.rfi.fr/en/europe/20220729-surface-temperature-in-the-mediterraneanhas-spiked-threatening-marine-wildlife

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks