アラブ首長国連邦、フランスにとってロシアの石油に代わる存在に?

ウクライナ戦争はまだ続いており、その報復として、ヨーロッパ諸国は2022年末までにロシアの石油輸入のほとんどをなしにすることを決定した。課題は、代替となるサプライヤーを見つけることです。フランスの経済大臣Bruno Le Maireは、アラブ首長国連邦との「進行中の議論」について言及しました。

5月上旬に欧州委員会が半年以内にロシアの石油を売却したいと発言して以来、アラブ首長国連邦が欧州の原油供給元の地図に再び登場したのである。アブダビは「少なくともロシアの石油とディーゼルの一時的な代替になり得る」と、フランスの経済大臣Bruno Le Maireは述べた。

ブルームバーグによると、7月には少なくとも600万バレルのエミールオイルがヨーロッパに向けて出発するという。これは2年ぶりのことです。通常、首長国産の原油はアジア方面へ流れていきます。しかし、ここ数カ月の再精製と最近の安価なロシアの石油の流入の間に、この地域はアブダビの石油にあまり喉が乾かなくなってしまったのです。

アブダビだけではロシアの石油を代替できない

そのため、欧州勢は高い代償を払ってでも、この機会を利用しようとしている。その7月物のバレルは109.69ドルで取引されました。6月2日(木)に輸出国(ロシアを含む)が象徴的とはいえ増産を決定したことで、新たなカーゴが欧州に向かう可能性があります。

しかし、首長国のエネルギー相も認めているように、自国だけでは100万バレルの不足を抱えるロシアに取って代わることはできない。

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 466