フランスのアルコール販売の減少は「乾いた1月」によるのでしょうか?

フランスのアルコール飲料の売上高は、人々が飲酒をやめることが奨励されている年末年始の翌月である1月に減少しました。

消費者インサイトグループCircanaによると、ワイン、ビール、その他のアルコール飲料のスーパーマーケットの売上高は、1月に前年比で6.4%減少しました。

インフレが食品のコストを押し上げるにつれて、消費者はアルコールのような非必需品を購入することが少なくなっていますが、1月の減少は、人々が休暇後の1ヶ月間飲酒をやめることを奨励するドライ1月のキャンペーンにも起因している可能性がある、とBFMテレビは報じました。

フランスのアルコール販売は毎年1月に減少しており、2024年は2018年よりも13%減少しています。これは、ノンアルコールワインとビールの販売が同時期に48%増加したためです。

長期的な傾向

コンサルタント会社SOWINEによると、昨年、フランス人のほぼ3人に1人が、無アルコールまたは低アルコールのワインまたはビールを飲んだと述べました。ほぼ半数が25歳未満だった。

市場調査員のFact.MRによると、低アルコール飲料の世界的な売上高は、今後10年間で12億ドルに増加すると予想されています。

しかし、ノンアルコール飲料は、まだ市場の3.6%しか占めていないため、まだアルコールを引き継ぐ予定はありません。

しかし、数字はフランスのアルコール消費量の長期的な減少を示しています。

フランスの公衆衛生当局Sante Publique Franceは先月、フランスの毎日の飲酒が過去30年間で3分の2減少したことを示す研究を発表した。

https://www.rfi.fr/en/france/20240220-could-the-drop-in-alcohol-sales-be-due-to-france-s-dry-january-health

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks