2021年、世界のワイン生産量は2億5,030万ヘクトリットルと極めて少ない。南半球では南アフリカなどの主要生産国が大きく伸びていますが、天候に左右される北半球では惨憺たる状況です。

グラスゴーで開催された国際気候変動会議COP26に集まった米国を含む19カ国が、海外での化石燃料への資金提供を止めることを約束する一方で、世界のワイン生産者は気候変動の最前線にいます。特に、世界の主要なワイン生産国である3カ国では、今年は歴史的な低水準の生産量となっています(International Organisation of Vine and Wine調べ)。2回目の100周年を迎えたOIVは、ディジョンに本部を移す準備をしています(設置は2022年9月の予定)。

フランスにおける災害の年

3,420万ヘクトリットルの生産量を記録したフランスは、1957年以来の低生産量となりました。その時も、自然は解き放たれていた。猛暑の後、特に寒さと霜に見舞われ、さらに集中豪雨で収穫を終えました。気候条件は2021年とほぼ同じで、4月の大霜、それに続く雹、暴風雨、ブドウの木の病気であるべと病やうどんこ病のエピソードなど、すべての面で悲惨なヴィンテージとなりました。その結果、イタリア(首位:4,450万ヘクトリットル、2020年比9%減)、スペイン(2位:3,500万ヘクトリットル、2020年比14%減)に次いで、「フランスが表彰台の3位に降ろされるのは、この20年間で2度目」とOIV統計局のジョルジオ・デルグロッソ氏は言う。

ルーマニアの収穫を守る

その他のEU諸国では、オーストリア、ギリシャ、クロアチア、スロバキアが同様の理由でマイナスを記録しました。一方、ドイツは、近隣諸国に影響を与えた霜の影響にもかかわらず、4%増の880万ヘクトリットルを生産し、際立っていました。

中・東欧の収穫量は、平均並みかやや上回っているようです。しかし、ルーマニアは例外である。平均的な生産国(第6位、530万ヘクトリットル)で、土着のブドウ品種が豊富なルーマニアでは、収穫量が37%も増加しました。OIVによると、これはルーマニアのブドウ栽培の近代化の結果であり、過去20年間にドイツ、オーストリア、イタリアを中心とした多くの外国人投資家のおかげで進められてきた近代化であるという。

サステイナブルでデジタルなブドウ栽培

現在、地球上で起きている2つの危機、コヴィド-19パンデミックと気候変動は、世界のブドウ栽培に適応を迫っていると言わざるを得ません。「この危機の中で、私たちはワイン部門の回復力、適応能力を目の当たりにしました。インターネットでのワインの販売は、ますます発展しています。しかし、私たちは今まで経験してきた食前酒のような危機よりも、はるかに大きな危機に直面することになるでしょう。私たちを待ち受けているのは、気候変動という大きな危機であり、ワインの世界もそれに対応しています。生産者は、持続可能な成長に向けて努力しています。このような理由から、ワイン部門は他の生産部門と比較してパラダイムであると考えられます。しかし、それだけでは不十分です。もう一つの加速要素を導入する必要があります。これはデジタルです。人工知能を使って衛星データを解析するなど、さまざまなプロセスが含まれます。ブドウ畑に点在するセンサーを使ってデータを収集し、分析する能力があります。このデータの透明性は?このデータをどのように流通させるか。デジタル技術によってワインに与えられるアイデンティティとは?OIVの事務局長であるPau Roca氏は、「これらの問題は、緊急に解決しなければなりません。

北半球の締めくくりとして、2つの主要国をご紹介しましょう。米国では、生産量(2,410万ヘクトリットル)は昨年をわずかに上回りましたが、火災や煙によってブドウの一部が破壊されたり、使用できなくなったりしたため、依然として比較的低い水準にとどまっています。一方で、中国のデータはまだありません。しかし、中国の生産量の大幅かつ持続的な減少は、すでに2016年から観測されています。OIVによると、中国のワイン部門は再編が進んでいます。ブドウの量は少なくても、品質が良ければ良いワインができるというのが、ブドウ栽培に特に厳しい気候条件を持つこの国のキーワードのようです。

オセアニアでの対照的な結果

その結果、フランスをはじめとする主要なワイン生産国は、新世界のワイン生産国にいくつかの市場を奪われる危険性があります。南半球では天候が大きく異なり、4月に収穫を終えたが、その結果は非常にポジティブなものだった。

まずはオーストラリアから。オーストラリアの生産者は喜んでいます。彼らは火事や干ばつとなんとか戦ってきました。2021年は彼らにとって記録的な年であり、ブドウの量と質の両方が目標に達しています。オーストラリアでは、2006年以来最大の収穫量を記録しました。14.2百万ヘクトリットルのワイン生産量は、2020年に比べて30%増加しています。中国から課せられた218%もの法外な増税に悩まされているオーストラリアにとっては朗報です。

ニュージーランドでは状況が大きく異なり、収穫量が19%(270万ヘクトリットル)減少しました。ニュージーランドの生産者たちは、このヴィンテージの優れた品質が輸出需要を満たすのに十分であるかどうか疑問に思っています。それが問題です。

南米への恩恵

南米最大の生産国であるチリは、過去20年間で最高の記録となる30%増の1,340万ヘクトリットルのワインを生産し、この年を締めくくりました。また、豊富な降雨量と穏やかな気温のおかげで首位となったアルゼンチンも大幅に増加しました(1250万ヘクトリットル、16%増)。

南アフリカ、干ばつの悪影響を払拭

南アフリカは3年連続で成長しています。この国の生産者は、2016年に始まった長期にわたる干ばつの後、好天の恩恵を受けています。その結果、驚くべき品質のブドウが収穫され、ワイン生産量は2020年に比べて2%増加しました(1,060万ヘクトリットル)。

世界のワイン貿易は拡大している

予防接種の増加や衛生制限の撤廃などのおかげで、今年の1~6月はワインの国際取引が急増し、2019年の同時期と比較して6%増となりました。中国へのワイン輸入が激減していることにも注目してください(2021年上半期に36%減)。この落ち込みの大部分は、中国の税金の影響を受けたオーストラリアワインが占めています。同じ理由で、オーストラリアは27%の輸出減を記録しています。

一方で、ブレグジットとその行政上の混乱は、英国向けのワイン輸出の減少(マイナス23%)の原因となる。その一方で、オランダでは輸入量が25%も増加しています。OIVにとっては、アムステルダムをはじめとするオランダの主要都市が、世界のワインが米国やアジアを中心とした世界各地に運ばれる、世界のワイン貿易の主要拠点としての伝統的な役割を担うロンドンと競合していることを示しています。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/fr/économie/20211104-production-mondiale-de-vin-2021-une-année-chaotique