新型コロナ:ヨーロッパが再びパンデミックの震源地に

世界保健機関(WHO)は11月4日(木)、欧州におけるコヴィド-19の感染率が「非常に憂慮すべき」ものであることに警鐘を鳴らしました。

世界保健機関(WHO)の計算によると、先週、新たに発生した患者の約60%、新たに死亡した患者の約50%がヨーロッパ大陸で記録されたとのことです。健康対策を緩和している国もあり、世界の死亡者数が500万人を超えたところで、現実を思い知らされます。旧大陸だけでも140万人以上の死亡者を記録している。

2月までに50万人が死亡するリスク

同庁は、その逆を行わなければならないと警告しています。WHOヨーロッパ支部長のハンス・クルーゲ氏は、「私たちは再び記録的なレベルの汚染に向かっている」と警告しています。ヨーロッパと中央アジアのすべての国で、コヴィドの症例が復活する恐れがあります。すでに直面していない人もいれば

Kluge氏によると、ヨーロッパでは1ヶ月間でCovid-19の症例が55%増加したそうです。病院の入院患者数は1週間で2倍以上になった。このままでは、2月1日までに50万人近くの人がコヴィド-19で死亡する可能性があります」とWHOは警告しています。また、WHOヨーロッパのデータによると、入院患者数は1週間で2倍以上に増加しています。

人混みの中の室内での使用が多い

原因はワクチン接種だけではなく、コヴィド対策や行動の緩和にもあります。人混みの中で屋内にいることが多くなったという事実があります」と、WHOのヨーロッパ代表は続けます。また、マスクをしないで学校に行ったり、会社に行ったりすると後遺症が残ることがあります。そしてもちろん、デルタ型もあります。デルタ型はこの地域でまだ多数を占めており、より感染しやすいタイプです。

とハンス・クルーゲは主張し、マスクをつけることの重要性を説いている。WHOによると、今年の冬、95%の人がマスクの着用を推奨された場合、188,000人の命が救われるそうです。

メールマガジン購読

フランスでは、人口の75%以上がワクチンを接種しているにもかかわらず、数日前からコロナウイルスの流行が再燃しているため、政府は水曜日、発症率が人口10万人あたり50人という基準を超えた39県の小学校で、来週から再びマスクの着用を義務付けることを発表しました。

ドイツで「ワクチン未接種のパンデミック」が発生

WHOの懸念を反映して、ドイツでは過去24時間で34,000人の新規感染者を記録しており、パンデミックの開始以来、同国で最も多い数となっています。ベルリンのパスカル・ティボー特派員によると、7日間で人口10万人あたり155人の発症率となっています。

11月3日(水)、ドイツのイェンス・スパーン保健相は、「私たちを襲っている第4の波」について語りました。”ワクチンを受けていない人のパンデミック “だと。当局はCovidによる入院の増加を懸念しており、1週間で40%以上、さらに15%が集中治療を受けています。しかし、関係者の9割はワクチンを接種していません。また、老人ホームでの感染も確認されています。

失速している予防接種キャンペーン

ドイツでは人口の3分の2がワクチンを接種していますが、キャンペーンは停滞しています。最も消極的な人を説得するのは非常に難しい。高齢者から始まる3回目の接種対象者1,500万人のうち、わずか200万人しか受けていません。保健大臣は、予防接種センターの再開を呼びかけています。

イェンス・スパーンは、11月4日(木)と5日(金)に各地域の担当者と会う予定です。老人ホームでの検査の厳格化だけでなく、すでに一部の地域が導入を希望しているワクチンを接種していない人への制約の厳格化についても話題になるでしょう。ベルリン市では、特定のイベントでは、リスクをできるだけ抑えるために、ワクチンを接種した人には事前に検査を行うことを検討しているほどです。

昨春と同レベルのベルギー

また、ベルギーでは、昨春の第3波の時と同じレベルで、今週、パンデミックが再発しています。火曜日、王国ではコヴィド患者の入院数がピークに達し、24時間で236人という、4月以来の数字を記録したと、現地特派員のピエール・ベナゼが説明しています。すべての患者が救急外来を受診するわけではないので、万聖節の休暇が入院を遅らせる役割を果たしたかもしれませんが、それでも集中治療室のベッド占有率は全国的に34%増加しています。

「すべての主要指標が、非常に速いスピードで上昇している。ブリュッセルでは、すでにかなり高いレベルの汚染がありました。集中治療室のベッド占有率に関しては、まだ安定していますが、状況が悪化するようであれば、追加の対策を講じるべきかどうかを検討しなければなりません」と、Covid社のブリュッセル地域担当マネージャーであるInge Neven氏は説明します。当面は、すでに実施されている優れた管理に固執していますが、ここ数日はより多くの管理が行われています。

すでに10月初旬からベルギー全土でCovid証明書の着用が義務付けられており、ベルギー人のパンデミックに対する動員が明らかに減少していることを考慮すると、マスクの着用を拡大することを考える時期に来ています。

ロシアはすべての記録を更新

ロシアは、その増加率が最も高い国の一つです。この24時間で4万人以上の新たな感染者と1,195人の死亡者という歴史的な新記録が記録されました。これで3ᵉ日連続の記録となりました。そして、そこにはまだ封じ込めの問題はありません。モスクワのアニッサ・エル・ジャブリ特派員は、「地域ごとに決められた制限的な措置は、依然として変化に富んだ形状をしています。

ロシアでは、他の国と同様に、ワクチンを接種していない人の死亡率が高くなっています。医師がテレビに出演してそのことを指摘していますが、根強い不信感から、国のワクチン「スプートニクV」への熱意は生まれません。

多くの地域で、劇場や美術館への入場、集会のための健康パスの導入が決定されているのは事実です。極東のカムチャッカ地方では、飛行機、バス、地域鉄道へのアクセスにQRコードを導入する最初の例となっています。免除は医師の診断書に基づいて行われます。

11月8日(月)より、有給休暇、今回のマイナーモードでの監禁が終了します。一部の地域では延長されますが、首都では延長されません。一方、モスクワは、ワクチンを接種していない60歳以上の人を監禁している唯一の首都です。

ウクライナは被害が大きく、ワクチンの接種率が非常に低いため、ヘルスパスを発見する

11月4日(木)、ウクライナで27,000人の新規感染者と700人の死亡者が報告されました。4,200万人の人口を抱えるこの国は、パンデミック発生以来最大規模となる第3の死の波に襲われています。また、病院を占拠しているのは主にワクチンを接種していない人々であり、ウクライナはヨーロッパで最も低いワクチン接種率を特徴としており、2回分のワクチンを接種した人は人口の20%にも満たない。

今週、首都キエフがレッドゾーンに入りましたが、これは適切な封じ込めの形です。ステファン・シオハン氏のレポートによると、学校、行政、店舗は、スタッフの100%が予防接種証明書を提示しない限り、閉鎖しなければならないとのことです。また、ウクライナ人はヘルスパスの原理を初めて知った。地下鉄やオフィス、必要のない店や行政にアクセスするには、携帯電話を取り出してQRコードを見せる必要があるのだ。

その結果、交通渋滞や施設への出席率の低さが、予防接種の遅れを明らかにしています。小さくておしゃれなカフェのオーナーであるSergiyは、このことを確信しています。「若くて責任感のあるべき従業員を見ているだけで、それがよくわかります。それなのに、私のスタッフの8割は、まだ2回の投与を受けていません。だから、私は自分で何とかしなければならないし、彼らは家にいる。待っていればいいのです。今日は、予防接種センターに行列ができていました。

しかし、調査によると、ウクライナ人の半数以上がワクチン接種を望んでいません。国民がワクチンや当局の健康政策を信用していないことの表れ。したがって、キエフの人々は、おそらく最後ではないであろう、この第3波のピークを待っているのです。

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 881
Enable Notifications OK No thanks