サルコジ大統領、郊外視察

サルコジ大統領は貧困や犯罪など問題の多いとされる郊外を視察し、治安対策のための監視カメラ普及について積極的であるとコメントした。

監視カメラを設置することはプライバシーの侵害、とあちこちで批判も飛び交うがサルコジ大統領に言わせると「本当に不快なのはカメラで撮られることではない。強盗や窃盗が行われ、犯人が野放しになっていることだ」とした。

麻薬密売の取り締まり強化も重要課題であり、郊外に監視カメラが増えていくのは必至のようだ。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  2. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  3. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  4. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  5. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  6. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  7. パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコ…
ページ上部へ戻る