ダボス会議、サルコジ大統領の基調講演

スイスのダボスで世界経済フォーラムが1月下旬に開催された。通称ダボス会議と呼ばれるが、この会議の40年の歴史の中で今回初めてフランスの大統領が基調講演を行った。

サルコジ大統領の講演内容は世界同時不況が、行き過ぎた資本主義の結果であること。また、利益を得るが責任を取らない銀行家や資本家はモラル的に受け入れられないものだ、とい金融エリートを批判する内容となった。

また、オバマ米政権が打ち出した新たな金融規制案に「賛同する」と述べたこともあり、政治家と金融エリートとの対立構造を浮き彫りさせることとなった。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  2. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  3. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  4. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  5. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  6. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  7. セバスチャン・マルニエ監督
    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
ページ上部へ戻る