フランスの犬事情

フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと犬用にチケットが必要じゃないかと思うほどだ。

そんなフランスでは犬にかみ殺される事件が続き問題になった。2007年10月に赤ちゃんを噛み、死亡させた犬を所有していた男性に12月3日に懲役1年の実刑判決が下った。

2000年から10件ほど、このような事故が起きており、危険な犬に対して免許取得を義務づけることになった。危険な犬種に指定された犬を所有する場合、予防接種、保険、去勢の証明を提示することが必要だ。2010年1月から開始される。

フランスも小型犬が人気な様で、この前愛犬「スモウ」に噛まれてニュースになったシラク前大統領も白いマルチーズだ。広いエリゼ宮(フランスの大統領官邸)にいた頃は庭を走り回っていて、のびのびしていたそうだが、マンション暮らし(といっても結構広い)になって、攻撃的な犬になってしまったそうだ。

噛みついたときも、鬱病になっていて坑うつ剤を飲んでいたという。3回目の胸部に噛みついたときは、血が流れていたとのことで、マルチーズもなかなかヤル。

シラク大統領が相撲好きが高じて愛犬にSumo(スモウ)と名付けたわけだが、フランスの犬の名前で一番多いのはSnoopy(スヌーピー)だそうだ。血統書に付ける登録用の名前は毎年初めのアルファベット(イニシャル)が決まっていて、今年はEから始まる名前、来年はFと言うようにアルファベット順で変わっていく。

名前の付けにくい頭文字は削除されていて、K,Q,W,X,Y,Zは使われない。フランスのウェブでは来年用にFから始まる名前のリストが用意されている。これは国毎に違っていてベルギーは2009年はI、2010年はJ、ルクセンブルグは2009年はGなどとなっている。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本

YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る