フランステレコム、ナンバー2の解任へ

フランステレコムの自殺者が後を絶たないことはフランスでの社会問題とも言える。10月に入ってからは自殺したコールセンターで働いていた労働者の追悼行進が行われた。

もともと技術職であった人間が営業やコールセンターに異動させられる人事には、自殺にいたる多大なるストレスが発生するとして問題視されている。

こうした事態によって、フランステレコムのロンバール会長が政府に呼出され対応を求められていたが、会長はナンバー2のベーヌ氏を解任するという一つの答えを出した。

ベーヌ氏は2003年に入社後、経営の合理化を目指し、早期退職や配置転換で人員整理を行ってきた。過剰なまでの合理化が社員を追い込んだのではないかと考えられている。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  2. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  3. フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  4. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  5. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  6. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  7. 日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
ページ上部へ戻る