フランステレコム、ナンバー2の解任へ

フランステレコムの自殺者が後を絶たないことはフランスでの社会問題とも言える。10月に入ってからは自殺したコールセンターで働いていた労働者の追悼行進が行われた。

もともと技術職であった人間が営業やコールセンターに異動させられる人事には、自殺にいたる多大なるストレスが発生するとして問題視されている。

こうした事態によって、フランステレコムのロンバール会長が政府に呼出され対応を求められていたが、会長はナンバー2のベーヌ氏を解任するという一つの答えを出した。

ベーヌ氏は2003年に入社後、経営の合理化を目指し、早期退職や配置転換で人員整理を行ってきた。過剰なまでの合理化が社員を追い込んだのではないかと考えられている。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  2. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  3. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  4. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  5. ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  6. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  7. 日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
ページ上部へ戻る