フランステレコム、ナンバー2の解任へ

フランステレコムの自殺者が後を絶たないことはフランスでの社会問題とも言える。10月に入ってからは自殺したコールセンターで働いていた労働者の追悼行進が行われた。

もともと技術職であった人間が営業やコールセンターに異動させられる人事には、自殺にいたる多大なるストレスが発生するとして問題視されている。

こうした事態によって、フランステレコムのロンバール会長が政府に呼出され対応を求められていたが、会長はナンバー2のベーヌ氏を解任するという一つの答えを出した。

ベーヌ氏は2003年に入社後、経営の合理化を目指し、早期退職や配置転換で人員整理を行ってきた。過剰なまでの合理化が社員を追い込んだのではないかと考えられている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  2. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  3. フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  4. フランスで年金受給年齢引き上げ

    日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  5. フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial