フランス電力社長に2重の退職金

フランス電力公社の新しい社長に2重給与が支払われており、利益をむさぼっているとして批判が集まっている。

新しい社長はもともとベオリア社という別会社に40年勤務しており、ベオリア社の年金が年間140万ユーロ、さらにフランス電力の給与を合わせると合計で年間260万ユーロも受け取る権利があるというものだ。

政府は新社長への批判に対し、「ベオリア社に40年間勤め上げた。氏は年金を受け取る権利がある」と主張している。

リーマンショック以降、金融エリート達が平均的なフランス人の何十倍もの給与、賞与を手にしていることに国民達は何度となく憤りを感じてきた。サルコジ大統領も先日のダボス会議でこの状態を、行き過ぎた資本主義と表現しバンカーや投資家達を批判したばかり。こんなご時勢だけに、年金を受け取るのは当然の権利としても、この主張で国民は納得するのか、はなはだ疑問である。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  2. フランスも女子アナ時代

    数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  3. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  4. ボルドーの持続可能なワイン造り

    ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  5. 国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial