フランス電力社長に2重の退職金

フランス電力公社の新しい社長に2重給与が支払われており、利益をむさぼっているとして批判が集まっている。

新しい社長はもともとベオリア社という別会社に40年勤務しており、ベオリア社の年金が年間140万ユーロ、さらにフランス電力の給与を合わせると合計で年間260万ユーロも受け取る権利があるというものだ。

政府は新社長への批判に対し、「ベオリア社に40年間勤め上げた。氏は年金を受け取る権利がある」と主張している。

リーマンショック以降、金融エリート達が平均的なフランス人の何十倍もの給与、賞与を手にしていることに国民達は何度となく憤りを感じてきた。サルコジ大統領も先日のダボス会議でこの状態を、行き過ぎた資本主義と表現しバンカーや投資家達を批判したばかり。こんなご時勢だけに、年金を受け取るのは当然の権利としても、この主張で国民は納得するのか、はなはだ疑問である。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  2. 数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  3. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  4. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  5. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  6. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  7. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
ページ上部へ戻る