フランス電力社長に2重の退職金

フランス電力公社の新しい社長に2重給与が支払われており、利益をむさぼっているとして批判が集まっている。

新しい社長はもともとベオリア社という別会社に40年勤務しており、ベオリア社の年金が年間140万ユーロ、さらにフランス電力の給与を合わせると合計で年間260万ユーロも受け取る権利があるというものだ。

政府は新社長への批判に対し、「ベオリア社に40年間勤め上げた。氏は年金を受け取る権利がある」と主張している。

リーマンショック以降、金融エリート達が平均的なフランス人の何十倍もの給与、賞与を手にしていることに国民達は何度となく憤りを感じてきた。サルコジ大統領も先日のダボス会議でこの状態を、行き過ぎた資本主義と表現しバンカーや投資家達を批判したばかり。こんなご時勢だけに、年金を受け取るのは当然の権利としても、この主張で国民は納得するのか、はなはだ疑問である。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  2. espace sans tabac

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  4. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  5. フランス核実験で人体実験も、、、

    しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial