モナコの王子王女の洗礼式

2014年に生まれた双子のジャック王子とガブリエラ王女の洗礼式が5月10日に行われました。国民からも慕われているようで、現在の国王(大公)アルベール2世も模範的な家庭とされているようです。

現在ではとても裕福な都市国家として知られていますが、以前は小さな漁村でした。しかも、フランスとイタリアの間に挟まれ、大国の保護下を行ったり来たりしています。特に1918年に締結された「フランス・モナコ保護友好条約」では、王家に跡継ぎがいなくなるとモナコ公国はフランスに併合される規定がありましたし、外交もフランスの影響下にあり、外国との外交を結ぶにもフランスの許可が必要でした。

この条約は日2005年に改正されフランス・モナコ友好協力条約は、跡継ぎがいなくなっても公国は存続できること、モナコの国防は引き続きフランスが行うこと、独自外交の緩和も盛り込まれています。この緩和のため、日本もモナコと正式な外交を結ぶことになりました。

特にモナコを一躍有名にしたのはハリウッド女優のグレース・ケリーとレーニエ3世との結婚です。洗練された魅力とハリウッド流のスタイルをもたらして、特にアメリカ注目を集めました。

そして、現大公のアルベール2世2011年の南アメリカの水泳選手シャルレーヌ・ウィットストックと結婚も洗練された魅力でモナコのイメージアップに役に立っています。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  2. 国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  3. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  4. 日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  5. フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial