モナコの王子王女の洗礼式

2014年に生まれた双子のジャック王子とガブリエラ王女の洗礼式が5月10日に行われました。国民からも慕われているようで、現在の国王(大公)アルベール2世も模範的な家庭とされているようです。

現在ではとても裕福な都市国家として知られていますが、以前は小さな漁村でした。しかも、フランスとイタリアの間に挟まれ、大国の保護下を行ったり来たりしています。特に1918年に締結された「フランス・モナコ保護友好条約」では、王家に跡継ぎがいなくなるとモナコ公国はフランスに併合される規定がありましたし、外交もフランスの影響下にあり、外国との外交を結ぶにもフランスの許可が必要でした。

この条約は日2005年に改正されフランス・モナコ友好協力条約は、跡継ぎがいなくなっても公国は存続できること、モナコの国防は引き続きフランスが行うこと、独自外交の緩和も盛り込まれています。この緩和のため、日本もモナコと正式な外交を結ぶことになりました。

特にモナコを一躍有名にしたのはハリウッド女優のグレース・ケリーとレーニエ3世との結婚です。洗練された魅力とハリウッド流のスタイルをもたらして、特にアメリカ注目を集めました。

そして、現大公のアルベール2世2011年の南アメリカの水泳選手シャルレーヌ・ウィットストックと結婚も洗練された魅力でモナコのイメージアップに役に立っています。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  2. 幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  3. 子だくさんフランス

    今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  4. フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  5. フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial